たあいないこと Feed

2013年11月 2日 (土)

うそっこ表示は許せない?

ホテルのレストランで食事することはめったにないから関係ないわと言えなさそうなのが今回のメニュー偽装問題です。
ふつうの街のレストランや食堂でもデパ地下のおそうざいでも、どこでもありそうです。


スパークリングワインをシャンパンと呼ぶのは、驚きありませんね。
昔からクリスマスのシャンメリーや乾杯のときのお酒は「シャンパン」と呼んでいたし、だいたいウエイターさんの手元のボトルを見たら、シャンパンじゃないのは一目でわかっちゃう。
自家製ソースや自家製パンが業者から購入してる場合、なんとなぁくわかる、ありがちな味だし、凝った料理ほどちぐはぐだから。
有機○○や地元産○○は、安定して手に入るのかなあって疑問だった。
読んでて疲れるほどやたらと長いメニューに書いてある食材が料理に使われてないような気がすることもある。
海老の名称に関しては、伊勢えびの○○をぱくっと食べたら、ロブスターのかみごたえだったりで、もともとあまり信じてなかった。
手書きの本日のおすすめメニューから選ぶのがいちばんかなって思ってた。
どこかで知ってた偽表示ってな感じです。


今回の事件でいちばん気持ちが悪かったのが、牛肉のウソです。
成形肉や、なんといっても牛脂を注入して霜降りっぽく仕立てたステーキもどき肉がたまらんです。
脂肪の少ないおいしくなさそうな牛肉に脂肪と水あめをブレンドしたのを、ちゅーーーっと注入、しばらくすると2倍以上にふくれあがって、塊肉誕生。
うへー。
どこかで食べてるのかも…と思うと気持ちが悪くてたまりません。


まあまあ、またあんまり細かく騒ぎ立てなくても、という気がしたのです、最初。
でもやっぱり、ウソはいかんね、いけません。
正しく表示したら絶対注文しないだろう牛脂注入肉も
知らずに食べたら気がつかない可能性特大です。
おいひぃ~~なんて目を細めちゃうかも
いいお肉使ってるよね、とかまで言っちゃうかも
うへー。


どこかで知ってたわかってた気がするウソがあばかれて
想像してたよりウソ度が高かった。
ありがち。
脱力。


経営キビシイんだろうけど、星がついてるホテルくらいちゃんとして、と言いたい。
一気に有名になったバナネイエビ。
養殖元のタイでエビの病気が発生して、値段が高騰してるようで
とっくにほとんど流通してない芝エビどころかバナネイエビさえ食べられなくなったりして。
はぁ、ちゅんたろー、今日もぼやいてしまいました。




Banner_02_2うまいことすり抜け表示も今からはんたーい!




2013年10月29日 (火)

謝ればすむ

みずほ銀行の頭取たちが、反社会的勢力、つまりヤクザさんたちへの融資をまあええやんとほっておいた件で、昨日、そろってふかぶかぁ~~~と頭を下げ、謝罪をするパフォーマンスをしました。
阪急阪神ホテルズの社長が、ホテルレストランでの食材偽装が発覚した件で、昨日、背筋をまっすぐたもったまま、ふかぶかぁ~~~と頭を下げ、謝罪し辞任することを表明しました。


みずほ銀行のやばい融資とホテルレストランのメニュー表示のウソを一緒にするわけにはいかないけど、正しい姿勢で手をしっかり脇につけ伸ばし、ずいぶん長い時間頭を下げるのを続けて見ると、またか…とうんざりします。
きっと、謝罪コンサルタントみたいな人がいて、上手な謝り方を演出、練習して、さあ、本番。
よしよし、うまくできましたよ、じゅうぶんです、マスコミもここぞと写真を撮ってましたし、テレビや新聞でしつこく報道してくれるでしょうから、ひとまず安心です。
これが大事ですからね、マスコミも国民も謝る姿が大好きなんです。
いかに誠意をもって謝ってるか、ん?土下座ですか、土下座は最終手段ですからね、そこまでは必要ありませんよ、今回の件くらいではね。


インチキをひとつも許さない、見つけて叩き潰す、
ふかぶかぁ~~~と頭を下げる姿を楽しんで溜飲を下げる。
なんて、おそろしくて、おもしろくなくて、つまらなくて、息苦しい社会になってしまったんだろう。
ぶくぶくと悪臭漂うガスが沸き
鬱屈した気分はどこかで沸騰する。
狭いところ、弱いところに出口を探す。


人の謝る姿なんて、ちっとも見たくない。
それが事の本質じゃないのに
テレビも新聞も、マスコミは趣味が悪すぎる。
謝らなければならないのは自明のことが起こったんだったら
映さなければならないのは責任者のパフォーマンスじゃないでしょう。


昨日からやたらとうぅーーーっとするのは
えんがちょな映像や写真ばかり見せつけられてるからなのです。




Banner_02_2工夫もなにもあったもんぢゃない報道ですわ




続きを読む »

2013年10月28日 (月)

メンタル弱いか強いか

「いやぁ、フィジカル、強いっすねー」などとスポーツの試合中に耳にするようになったころからでしょうか
メンタルも鍛えて強くするメンタルトレーニングがよく言われるようになったのも同時くらいなのかしらん。
近ごろ、ネット上でもメンタルが強い、メンタルが弱い、メンタルヘルス、メンタルケア、メンヘラ、メンヘルと略語も、なんでもかんでもメンタルメンタル、とにかくよく見るのでつい目がとまってしまって、これはなんだろうなぁといちいち考え込んでしまうのです。
「メンタル」の使われ方がよくわからない。


メンタルは、こころとか、精神的なとか、そういう意味なわけだけど
いまは、うつ病など精神疾患が一般に広く増えていて、精神病とか精神病院の、差別的イメージが強い言い方をさけて、メンタルや、メンタルクリニック、とポップな言いまわしで、ふつうのことなんだよとしているようです。


メンタルが弱い、というのはこころが弱い、精神が弱いということなんでしょうか。
「あたし、メンタルが弱いんです。すぐ心が折れて、落ち込んで、立ち直れない。人が信用できない。怖いんです」なんていうのを見ると、ネットだからそんなハズカシイことを書けちゃうのか、、、と目が丸くなるし「あなたは悪くない。裏切るような人間が信じられない。なぜそんなやつがいるのか」「そうなんです、あたしも信じられない。もう理解できなくって」なんて簡単なやりとりがあったりして、さらに目が丸々となって、ぞぞっとする。
あたし、メンタルが弱いんです、なんていうのはけっこうずぶといんじゃないか感受性も鈍いんじゃないかと邪推してしまったりもするのです。


わたしの年代のせいかもしれないけど、自分で自分のこころが弱いなんて、それこそ大きな声で言うもんじゃないことなので、甘ったれてていやだなあと思うのです。
でも、メンタル弱いがストレス耐性が低いということなら、わたしはものすごくそれだわ…とも思う。
ねえ、おっちゃん、わたしはメンタル弱い?
「へ?キミ?キミは、むしろ強いんちゃう?なんやねん急に」
そうだよねぇ、わたし、心身はそうとう弱いけど、精神的には強いよねぇ、やっぱり。
ここ、言い換えると、からだやメンタルはすごく弱いけど、メンタルは強い、になる。
なんでもメンタル化、はんたーい。



どうでもいいといえば、どうでもいいんだけど
心が折れたなんて聞くと、アロンアルファでくっつけとけ、と言いたくなる。
なんでもかんでも人のせいにしないで、どうしてあたしだけなんてかわいそがらないで、もうちょっとじっくり考えて語彙を選んで自分の気持ちや状態を表現してほしい。
大事なことを簡単な言葉でまとめてしまわないでほしい。
わたしの老婆心なんでしょうねぇ。

Banner_02_2だんだんいぢわるなおばさんになってゆきまーす。(*´艸`)クス



2008年7月24日 (木)

おねえさんがニクイ

Photo

「今日も湿度が高く激しい猛暑のいちにちとなりそうです。体調管理にはくれぐれも気をつけてお過ごしください」

天気予報のおねえさんがはずんだ笑顔で告げてくれます。

うるさいっ!とケンカをふっかけたくなります、おねえさんに。

少し声のトーンを落としてはくれまいか…。

ちょっと悲しげに「…太平洋高気圧の勢いはとどまるところを知りません。

今年の高気圧はかつてないほどのマッチョくん。

みなさま、どうぞ暑さ対策をお忘れなく土用のいちにちをお過ごしください…」

とでも言って欲しい。

少しの工夫が視聴者の健康に寄与するというのに…。

おねえさんの、ばか。

ささいなことにカチンとくるなんて、相当やられてます。




首に巻いたアイスノンがもうぬるくなってきました。

朝から熱があります。

動いて食べて熱いカフェオレを飲んだのに、汗が出なかったのです。

いかん…。

冷やして休んでいなければなりません。

熱が内にこもってしまってます。



ちびたちゅんちゅんが、虫取りあみを手に外で遊んでた昔々の夏。

最高気温がせいぜい32℃くらいだった九州は福岡の夏。

回る扇風機に、わぁぅわぁぅぁぁぁと声かけて

夜は涼しくなってた夏がなつかしゅうごじゃりまする。



Banner_02 →暑いけど、右のランキング表をぽちっとやっておくんなまし。

ちゅんちゅんの陶芸ブログはこちら

フォトアルバム
Powered by Six Apart