外ごはん Feed

2009年6月 8日 (月)

新世界 串かつ「赤坂屋」

ひとつきの間に、二度も新世界で串かつを食べるなんて
わたしも、ほんっとに
大阪の人になりました。


小妹と天王寺動物園をぶらつき
ジャンジャン横丁の「八重勝」で串かつをがっつり食べてきて以来
うちのおっちゃん、うらやましくてしかたがなかったらしいの。
「ええなぁ、きみらばっかり」
おっちゃん、男なんだからいつでも行けるでしょ。
「なかなか機会がないねんなー」
じゃあ、天気もいいし、日は長くなってるし、行こう!


新世界あたりの雰囲気にもすっかり慣れてきたような気がするちゅんたろー。
ちんちん電車の南霞町下車、お世辞にもきれいとは言えない、整然としてるとは言えない
どこから調達してきたかわからないような露天があったりする
ちょっとぷぃーんと臭い漂う通りを北へ上がってゆくとジャンジャン横丁です。
「八重勝」はこの日も行列ができていて盛況。
隣の「てんぐ」も流行っています。
有名な「だるま」も長い行列です。
「どこでもええねんけどなぁ」とおっちゃん。
そうだねぇ、有名店じゃなくってもいいね。
Photoほんとにこの辺もにぎわって、
明るくなったよね。
横丁を抜け、右に曲がってすぐを左に。
「よし、ここや。ここにしよう」
にぎわっているけど、空席があって、ちょうどいい感じの「赤坂屋」です。


カウンターに並んで座って、
生中ふたつね。
お決まりのどて焼きに、串かつ盛り合わせを二人前。
あと、もろきゅうも。
キャベツは食べ放題。
揚げたてをはふはふしながら、うん、ここもおいしい!Photo_2
盛り合わせは、串かつ(牛)、ぶたばら、ししゃも、えび、ちくわ、ソーセージ
生ビールおかわり。
それから追加で、たまねぎ、れんこん、うずら、ホタテ
おなか、ぽんぽんです。
お会計はふたりで4500円くらい。
満足。


揚げ物食べると元気が出る、ような気がします。
家の方角、南に向かって歩き出しました。
動物園前一番街のアーケードから飛田新地を抜けると、そこは深く歴史が刻まれていて
すごかった…。
「こうところがあるねんで」
う、うん…。
しゃべりながらどんどん歩いていくうちに
家にたどりついてしまいました。




Banner_02 ディープです、大阪。。。




2008年9月23日 (火)

宮古島 あぱら樹

Photo
三線教室が終わってから先生に教えてもらった
宮古島の街の郷土料理のお店
「あぱら樹」まで行きました。


地元の人にも人気らしいので期待できそうです。
店先にバナナがなっていて写真を撮っていたら
「どっからきたの?」と酔っ払いのおっちゃん。
「バナナなんてめずらしいの?」ふらふら。
大阪から、めずらしいですよ。
「ふぅ~~ん。ばいばーい」よろよろ。


店に入るとほとんど満員です。
ほんと、地元の人がいっぱい。
おっちゃんたちが楽しそうに飲んでいます。


一言。
おいしかった。
もう一言。
安かった。


海ぶどう
スクの唐揚げ(スク豆腐のスクですが、生臭くなくてビールに合う)
シャコ貝の刺身
フーちゃんぷるー
豚中味ちゃんぷるー(豚の内臓をやわらかくしたもの。臭みなし)
てびち
ああ、もうおなかいっぱい。


泡盛は一杯売りはないの。
ほとんどがボトルで注文。
わたしたちは2合を水割りで飲みました。


宮古島のお酒の飲み方に
「オートリー」というのがあるそうです。
親となった人は数分間挨拶をする
一杯飲み干し、同じ量を子たちに注ぐ。
みーんな飲んだら、親を渡す。
回し飲みです。
貧しかったころ、誰もが平等に飲めるように、と始まった風習。
今は、ただ飲みたくて、親しくなりたくて、オートリーをやる。


わたしの方が飲んだのに
隣で酔っ払ってるおっちゃんは
オートリーは無理だなあ。


島の人の飲み始める時間は遅く
果てしなくわいわい騒ぐのがみな大好き
「オートリー、帰ってからひろめてくださいよ」
タクシーの運転手さんがしきりに言う。
この人もとても明るくて楽しそう。


郷土料理の種類がとても多くおいしいので
ぜひぜひもう一度行きたいあぱら樹です。





Banner_02好きだ~沖縄料理も泡盛も。また食べたいです。




2008年4月29日 (火)

ラーメン コーちゃん

Tnziwyut 東に行けば阿倍野の下町
西に行けば西成の下町

おっちゃんがお休みなので
西の下町のほうによさそうなスーパーなどがないかどうか散策に出かけました。
お昼時。

少し前から
「ラーメンの口」になっているわたしです。

流行ってる洋食屋さんとラーメン屋さんを並びで発見。
「どっちがええん?」
そりゃもうラーメン。
「その格好でか?」
へぇ。(ひらっとしたワンピースでした)

カウンター席のみ。
地元のお客さんばかりかな。
大将が「らっしゃい。はい、ここに座って」と指示。

わたしはわかめラーメン。
おっちゃんは、コーちゃんラーメンセット。
お店の名前のラーメンとギョウザとライスもりもり。

スープはあっさりで脂っぽくないのがとてもいい。
わかめもたっぷり。
辛みそとブラックペッパーがそばに置いてあります。
キムチは小皿にとれるようになっていて
「あきらかに食べすぎや残しすぎは料金をいただきます」とあるのがちょっとおかしい。

スープは少し残して完食です。
チャーシューはおはしで簡単にくずれるくらいにとろり、でもあっさり。

帰宅後、ネットで検索してみましたが
見当たりません。
ギョウザもさくっとおいしかったのにな。
有名になりすぎないほうがいいかも、です。


Zynqauqf NHK朝ドラ「ふたりっこ」の世界でした。日傘がもう必須!

2008年4月25日 (金)

ラ パンキーナ

Mf1yt7ii 帝塚山にはちょっと感じのよいレストランがあります。
天王寺は店員さんも客層も若い
あるいは買い物客がターゲット。
少々騒がしい。

カウンターとテーブルが3つの小さなお店です。
このときに、席は空いていたのに
「いっぱいです」と言われ、え?と思いながらあきらめた理由がよくわかりました。1ckuo3bx
よく似た感じのお兄さんがふたりで切り盛りしています。
ランチ時に4組お客さんがいると精一杯のようすです。
なるほどそうだったか。
おっちゃんと小さな声で話しながら待ちます。

ランチはパスタかピザにサラダ、パン、ドリンク。
値段はメインに何を選ぶかで多少違う。

近辺に住む人が休日のお昼にきている
この日は家族連ればかりでした。
おしゃべりがはずんでいます。
J_jidnbz 同じ帝塚山のビストロ・エピスも男の人がふたりでやっていました。
こちらも丁寧でゆっくり待ちながら。

冷たいお水がとてもおいしく
サラダはさわやかで
パンはパリっふわバケット
たけのこと白菜とタコにとびっこの季節を食べるパスタ
散歩のとちゅうの休憩
ふたりのお兄さん、きちんと見送ってくれました。

イタリア料理 ラ パンキーナ
  大阪市住吉区帝塚山中1-1-1-2F
06-6678-0275


Zynqauqf うまいラーメンが食べたいっすnoodle

2007年12月29日 (土)

美々卯のなぞ

Rdd6hi_i 旅行の前は緊張でぱんぱん。
帰宅後、年賀状だけは、と書き上げ投函。
今朝、すわっ最後の普通ゴミの日だわとゴミ袋を抱え急いだなら、日にちを間違えてることに気づき、すごすご戻ってきたり。
落ち着きがありません。
なんちゃって大掃除さえできない予感満々。
曜日もわからんごとなっとっちゃけん!

「胃腸の調子が悪いねんなぁ…」のおっちゃんと
あべの近鉄百貨店の10階「美々卯」でうどんでぬくもるの巻です。
Nfmwh3ai 冬はあんかけにしてもらいます。
メニューにはないけど頼めばできる。
あんかけ鳥なんばうどんとそば寿司です。

このお店、客層がちょっと違う、いつも違う。
年齢層が高いというのもあるけど、なんというか、浪花度がすごく濃い。
どこからどう見ても大阪の人でっしゃろという風情の人ばかり。
老夫婦や老婦人同士が昼間からビールにうどんすきをつつきつつ、しゃべくる。
おばあちゃん、家、帰ったら、帳場でそろばんはじいてるんちゃうん?
そんな食えない雰囲気が漂いまくっています。

美々卯特製の山椒のきいた七味が、鳥なんばにぴりりと合います。
あんかけうどんをふぅふぅしつつ、周囲の異風を楽しみ
年の暮れの実感が妙に足りない自分に焦るのでした。



Zynqauqf コメント、ほんとうにありがとうございます。
しっかり読ませていただいております。
ああ、わたしは何からどうしたらいいのかしらん…。

2007年11月28日 (水)

ビストロ・エピス

By8vv3es 散歩がしたい、散歩がしたい。
腰が痛い、しびれる。
運動不足がはなはだしい。

おっちゃんの休日。
たまには歩こうよ
近場で木々の豊富なところまで
タクシーで往復です。
それで散歩と言わんでおくんなまし。
Pd5frrr0 大きな木のあるところは空気が違う。
家に閉じこもっているわたしには
細胞が入れ替わるようです。

そういえば、外ごはんは久しぶり。
イタリアンのお店は満員。
そうかあ、どうしよう、ん、こっちは?
と飛びこんでみたのがビストロ・エピス。
Lprtbh8n ナッツとバルサミコ酢がよく合ったビーフサラダ
写真がないけれど、クリーミーなスープ
やむやむっ。(撮るのを忘れました)
それから、焼きたてバケット

メインは、鴨のグリルカシスソース、
焼き野菜きのこ添え
丁寧に作ってあるのがわかります。
Zirovqtv デザートは、ミルクレープにアイスクリーム盛り合わせにコーヒー。
ミルクレープってはじめて食べました。
おいしいものなんだなあって。

ここ。
料理に愛があります。
だけど、ちょっと出てくるのが遅いかな。
そう思っていたら、なんと厨房はひとりでやっているそうです。
なるほどなあ。

このランチコースで1500円。
赤ワインをグラス一杯、オーダーすればよかったな。
たまには行きたいレストランです。

                    ビストロ・エピス
                       大阪市住吉区帝塚山東1−3−36 カーサ帝塚山B1F
                       (06)6675−0211

ちゅんちゅんの陶芸ブログはこちら

フォトアルバム
Powered by Six Apart