わからないスポーツにモエル Feed

2010年6月30日 (水)

パラグアイ×日本戦 延長

延長戦です。
残り5分。
長友と遠藤が次の試合には出られなくなりました。
パラグアイと日本、どちらが優勢ともいえない戦況です。


頑張って、早めに帰宅したおっちゃん
延長に入ってから、いびき、ごーごーです。
はっきりゆって、うるさいです。
わたしは、おっちゃんが買ってきたおつまみを食べ、
飲みながらも、はっきり観てるのに、おっちゃんときたら…。
まあ、多忙につき、しようがないでしょう。


しかし、わたしはそうはいかない。
ねばっているサムライジャパンを見届けなくてはいけません。
いちじくは、さっさと見切って、寝室へいってしまいました。
でも、付き合いのいいくぬぎは
すぐ隣で「わからへんねんけど…」とのびています。


ああ、延長後半も終わってしまいました。
PKです。
でも、120分、走って闘うって、すごい…。
ゴールキーパーは、ニュー守護神川島です。
どうだろうか。
PKは運が大きいから。


120分のパラグアイは、まっすぐでいいチームだったと思う。
さあ、先に蹴るのはパラグアイ。
ああーーーっ、やらりた。
日本は遠藤。
よーーーーっし!やったど。
次はパラグアイ
ああーーーーっ、やらりた。
日本は長谷部。
よーーーーっしっっ!その調子。
次はパラグアイ
ああーーーっ、やらりた…。
日本は駒野
うっそーん、とめられましたっ。
次はパラグアイ
ああーーーっ、やらりた…。
日本は、本田
よーーーーっし!
次はパラグアイ
なんとか、がんばれ、川島!
ああぁ~~~~~~~~~
あああああ~~~~~~~
ああああああああ~~~~


日本
よくやりました。
ほんとによくやったと思います。
こ、駒野、泣いてるけど、あなたが悪いわけじゃないのよー。
選手のみなさん、目を赤くしてるけど
思いがけなくすばらしい南アフリカW杯だったと思うのです。


0泊4日で、南アフリカまで一試合を応援に行った人たちが大勢いるのだそうです。
ゼ、ゼロ泊かあ…と思うと、正直しんどい。
わたしがテレビで見たのは、成田から、まずはバンコクまで6時間
乗り継ぎで南アフリカまで12時間
到着して、試合を見て、ホテルに泊まりもせず、飛行機に乗って帰国する。
む、む、む、ムリだけど、うらやましぃよぉぉぉぉぉ。


ああ、さすがに眠たくなってきました。
2時ですものね。
残念だけど、よく頑張った、悔いはなし。
そういうことでしょうか。
ではでは、おやすみなさい、です。



Banner_02
これ以上を望むのは違う感じがしますものね。頂点は遠いということなのでしょう。お疲れ様、じゃぱーん。



2010年6月25日 (金)

朝焼けのW杯日本×デンマーク戦

Photo


リビングで歓声が聞こえてきたので、起きてゆくと
試合がすでにはじまっていました。
おっちゃん、半分眠りつつ観戦ちうです。
目をしょぼしょぼさせながら座ったところで
本田の1点目、ごぉぉぉーーる!
おおおおおっ。
あら、試合、いい感じなのね。
なんと、遠藤2点目、ごぉーーーーーーっ!!
遠藤が笑ってる笑ってるよぉ。


2-0で前半を終えると
朝焼けです。
夜が明けてきて、美しい。
遠くの高層マンション、いくつもの部屋に照明がついていて
こんな時間だもの、サッカー観てるのかな。


後半がはじまって、おっちゃんは「もう寝るわな」と引き上げてゆきました。
わたしは、観ーる。
くすす。
日本から料理人さんも同行して
日本食を中心に試合に合わせて栄養管理をしているそうです。
4年前にはなかったことだとか。
最後まで頑張って欲しい。
デンマークより選手のからだは小さいけど
よく動くし、しつこい感じ。
守るけど攻める気もじゅうぶんあって
観てて頼もしい。


先に決勝リーグを決めた韓国の赤いサポーターの人が
同じアジアの隣の国同士、日本もぜひ決勝リーグへ一緒に行きましょうと
応援してくれてたのが嬉しかった。
最後までねばるのだ、なのだ、なのだ。




Banner_02
写真はハーフタイムの東の空です。日本の夜明けよーん。
シュート決めてくれると、ほんとに胸が熱くなります。
いちじくぬぎも起きてきて、不思議そうにそばにいてくれてます。





2010年2月26日 (金)

真央ちゃんに感動

ショートプラグラムのとき、真央ちゃんの完璧演技のあとの歓声の中
滑ったキム・ヨナは「それがなんなの?私は私よ」とボンドガールを演じきり
完璧だった真央ちゃんを上をゆく点数を得て1位につけました。
すごい、と思った。
わたし、冬季五輪が始まるまで最近の女子フィギュア界についてちっとも知らなかったのです。


「キム・ヨナが金よ。だって、ほんとに強いのよ」とフィギャアが好きで詳しい友だちが残念そうにつぶやいていたのを「ふーん」と聞いていたことを噛みしめ感じるこの数日間です。
キム・ヨナは強い。
上手くもあるし、きれいでもある、すばらしい。
けれど、なんといっても強い。


今日も朝からテレビをつけっぱなしでいました。
雨です、暖かい雨です。
少し眠ったり、ぼんやりしたりしながら、
お昼になると画面を見ずにはいられなくなりました。
下位のひとだってここまで来るまでの努力はいかばかりか
なのに、いいものを知ってしまうとつまらない。
競技の世界は残酷です。


キム・ヨナはアメリカのピアノ協奏曲にのり、今のいちばんの自分を最高に演じ滑りきりました。
ひとつのミスもない、圧倒的な滑りです。
3回転半こそないけれど、ふたつ目のジャンプも高くバランスよく美しい。
場内はその強気のすばらしい演技と点数に湧き上がっています。
ショートプログラムのときと逆に次が真央ちゃんです。
直前までイアフォンで音楽を聴きからだを揺らしています。


ラフマニノフピアノ協奏曲「鐘」
真央ちゃんの選んだプログラムは、3回転半を2度成功させるよりも
もっと難度の高いものでした。
キム・ヨナの演技のかつてない熱気のあと、動揺があったのかなかったのか
真央ちゃんの「鐘」。
残念ながら、後半、ジャンプのミスがふたっつ。
もしも、このミスがなかったとしても、わたしはたぶんキム・ヨナが勝ったと思う。
完成度で負けたと思う。
キム・ヨナのためのような音楽と
これが演じきれたらと願い望み目指すラフマニノフに手を伸ばしかけている真央ちゃんと、どちらも恐ろしく高いレベルで道を歩いている。


キム・ヨナの金メダルはすばらしく
真央ちゃんの銀メダルには感動したちゅんたろーです。
アスリートであり、表現者としてもっと先にいきたいと歩いてる真央ちゃんが
どくどくと迫ってきて、胸にせまって熱くなりました。


ショートプログラムで、真央ちゃん、キム・ヨナのあとの熱気の中で演技し
ジャンプをミスしてしまった鈴木明子のフリーもすばらしかった。
観客に明るく優しいエール届ける彼女の、あふれる人間性が伝わってきました。
フィギャアスケートの、軽快なステップのしあわせとはこういうなものなのだと教えてくれました。


オンタイムでテレビを見られる幸せ。
いつもは、わたしの生活って…と落ち込んでしまいがちなことも多いけれど
こういうときの待ち時間もふくむ臨場感を味わえるとき
暇人の醍醐味を噛みしめるのです。


隣国のキム・ヨナのすばらしさ。
同時期に生まれ、同じような背格好に成長し、才能がありながらトリノ五輪に出られなかった、ふたりの天才のそれぞれの精一杯。
現実とは思えないパワフルで美しい物語に立ち会った。
忘れえぬ日になりました。




Banner_02
3回転半を2度も成功させたのに、スルーって感じが、またすごすぎて。。。
ちゅんたろー、感動しきりでございますー。


キム・ヨナの表情が誰かに似てる…と気がついたのが寺島しのぶ!
うーん、デジタル情念のオンナ♪




2010年2月20日 (土)

カーリング♪きゅーと

日々、注目が高まっています、カーリングです。
氷上のチェス。
頭もクリアでなければいけない。
そして、かわいい。
メイクもほどよく今風に上手。
髪もなんとなくひとつに結んでるわけじゃなくて
微妙に盛ってあるところが、またかわいい。


しかも、声もかわいい。
外国人女性の声は怖い。
同じ勝負をしていて、緊張感も勝ちたい気持ちも同じはずなのに
あーんなに違う。


彼女らはアスリート。
アスリートだけれど、スタイルがとってもいい。
痩せすぎでもなく、もちろん太ってない。
ええなぁ…うっとり。


今日も今日とて邪念ばっかりのちゅんたろーでございます。
むふふー。




Banner_02
キリリとかわいいって、ステキ!がんばれ~~~



2010年2月19日 (金)

男子フィギュアフリー期待してます

Photo
     *写真のことは、さらっと流してくだされ~~


フリーは4組からなり、小塚が3組、織田・高橋は4組
まだまだです。
はじまったばかりのチェコの選手が4回転をくるくるっと成功したのでびっくり。
全部見るのって、けっこう長時間になるのかしらん…。
ね、眠くなってきたかも…すでに。。。


以下、追記ありまする。



Banner_02
オラ、スポーツの見る目、あんましないだよ…。。




ほんとに眠っておりました。
午後いちばん、小塚くんです。
ああ、いい感じ。
4回転、成功したし~~!
トリプルアクセルはあきませんけど(…とルッツもアクセルもようわからんちゅんたろー)
でも、よかったです。
うん、ギターコンツェルトも好きでした、わたし。
彼に合ってたと思うな、SPのよりもうーんと。
はぁ。
嬉しそうな顔だし、えかったでし。
見てるだけで、緊張してちかれます~~。


フランスの若きティアドロップシールのアモディオくん
かわいいです。


19歳チェコのブレジナくん、ピンクのベストに白のシャツでは、、、オードリーの春日の盛装のようで
ああ、邪念の多いちゅんたろーをお許しください。
でも変な衣装はしっこくだもん。。


すーばーらーしーいぃぃぃぃ~~~~~。
そりは、クモ男ライサチェック、4回転はなかったけど、悪漢ぢゃなくて、圧巻。
ああ、次は信成。。。


くすん、織田くん、途中でなんと靴紐が切れてしまいました。
3分間の中断です。
ああ、びっくり、ああ、残念。
でも、最後までしっかり美しい態度で一流です。うん。


スピンのランビエールはスピンしかよくなかったです。


高橋大輔くん、演技、とてもとてもよかったです。
ジャンプは手をついたり減らしたりしちゃったけど、ちゅんたろー、感動しちゃいました。
「道」、彼のステップをずーっと見てたかったな。
残るはあとふたり。
どきどきします。


あやしいジョニー・ウィアー、ミスがなかったです…。
いいんだけど、美しくてステキなんだけど、うっとりもするんだけど
感動ってわけでもない感じ。
大輔くんの味方してるわけじゃないからねーっ。
最後は、ぷるしえんこ、です。


ぷるしえんこ、ジャンプも成功したけれど
わたしとしては、いまいちだもんね、クモ男のほうがよかったもんね。
スピンはずれてる感じなうえに、回転が遅かった気がするもんね。
>好きじゃないからかもしれまてん
いやーん、王者ってほどじゃないもん、小手先っぽいもん。


というところで、発表を待ちます。
どうかな、どうかなあああ。




きゃーーーん、クモ男が金メダル~~~っ!!
大輔くん、銅メダルーーっ!!!!
大ごうかーく。
ああ、わたしとしてはとっても納得な結果でごじゃりました。


観戦しながらのぶつぶつ報告、おそまつでごじゃりました~~~。
うふーん。
うれしいですー。



2010年2月17日 (水)

プルシエンコかるーく復活?

見ました。
男子フィギャスケートショートプログラム。
ライブでプルシエンコの演技を。
「王者復活」なのだそうだけど、そうかなあ。
さすがにジャンプはすごいけど、余裕たっぷりで嬉しそうだけど
なんか、いまいちな「そおぉ?」なすっきりしない気分が満々で
コーヒーを淹れに立ったところです。


細かいところはわからないけど、ロシアの選手には
ロシア人にしか表現できないあの厳しい大地に根ざした
情念たっぷりの、ぐふっ…と黙らせるぞくぞくしたものを見せて欲しーんです。


プルシエンコ、ポップなんだもん。
つまらん。
ポップで笑顔のアランフェス協奏曲なんて、認めませんよ、ちゅんたろーはね。
ステップもあんまりきれいに感じなかったし、ふん。
好きじゃないみたいだー、プルシエンコ。


まだショートプログラムがはじまったばかりだから、
「ぼくは、こういものを表現したいねーん」というものを期待して
つまり、、日本の三選手にき、期待して…
ああ、小塚くん、信じられないくらい頑張ってくれないかなあ。
うん、見守ることにいたしましょう。



Banner_02
にやにやと滑るアランフェス協奏曲なんて、まちがっとーる。(*`д´)b




追記です♪
高橋大輔、よかったわぁ。
ふだん、ニュースとインタビューの彼しか見ないわたしが悪かった。
ショートプログラムいい演技だったです。
音楽も振り付けも日本らしくてごうかーく!
織田信成の前に演技した、トリノからの復活くんがジャンプはダメだったのだけど
すばらしいスピンにくらぁ~り。
織田くんのスケートはなかなか端整で、これも日本人のよさが出てていいなあ。
ニュースとインタビューしか見てなくて、ごめんなさい。


で、でも、織田くんの顔にヒゲをちょいちょいと描いたら、織田信長の肖像画のものすごく似てると思う。。
やってみて欲しいと願う、ミーハー観戦者、ちゅんたろーでし。




追追記です♪
小塚くんの荒削りなスケーティング、ちゅんたろーけっこう好きです。
それから、とってもあやしい雰囲気満々の黒にピンクのリボンがイカス
ジョニー・ビアー。
むふふー。

2008年8月23日 (土)

興奮づかれ

オリンピックもいよいよ明日までです。

もう、じゅうぶん。

おなかいっぱいな感じです。

毎日毎日、おおっ、ううっ、ああぁぁ~~~っっと手に汗握ってると

なんというか、こう、気持ちが興奮するのに省エネな動き方をするようになってきて

まっすぐ入り込めなくなってきたり

「なんなの、見てたのに、これってさー」なんて、がんばってる人に冷たい気分がわいてきたり

こうなってくるとそろそろ終わり。

満喫いたしました。




こうるさいことを言いますです。

わたしね、感動や勇気をあげたりもらったり

そういうのがどうもいまだに受け入れられないんです。

「感動をたくさんもらいましたね」

「勇気をいっぱいもらった」

「元気ももらった」

「感動をありがとーーっ!」

だめなの、だめなんです。

むずむずするの。

勝手にもらってんぢゃねぇよっって思っちゃうの。

そういうのっていつからの言い方なんでしょう。

そんなに昔じゃないと思うの。

いやだ~~。




ええ、でも、わたし

このオリンピックの期間、ずいぶん感動しました。

素晴らしく強く速く美しい。

生身の人間のそういう一瞬を目撃する興奮。

費やしたエネルギー、持続する力、かきたてる何か

「楽しみたい」という選手たち。

緊張した精神や筋肉を、大舞台で最大限使い尽くす感覚を味わう。

楽しむということは、たぶんそういうこと。

味わいつくす選手の姿に酔って

北京オリンピックも幕がおりようとしています。


Banner_02 やはり「感動をありがとー」と言わねばならんのでしょうか…いやや。

2008年8月17日 (日)

さーっ たーっ うをーっ と夏がゆく

018

軽く興奮した状態がずっとつづいています。

競技を追いかけてチャンネルを回す。

男子100mのボルトの走りを見逃したのが今のザンネン。

夢中とはよくいったものです。

♪いちばぁん好きないぃろはなんだろう~~♪とミスチルの歌がふとからだに流れていたり

卓球の愛ちゃんを見てて、目に焼きついた平野の怖い顔が突然浮かんだり

北京の街路に咲くピンクのさるすべりなのか、マンションの庭に咲くさるすべりなのか

日本人なのか中国人なのか韓国人なのか

走っているのか泳いでいるのか格闘しているのか打ち合っているのか

さあ、もう、いろんなあれこれがマーブル模様のように

脳裏をうずまいて、夢のなかにいるようです。



京都の五山の送り火が昨夜のこと。

お盆が過ぎるとこんなに激しい猛暑でも、夏がそろそろ終わるのだと

感じずにはいられないのがありがたく、少しさみしくもあります。

夕方、室内が暗くなるのが早くなりました。

Banner_02 いつもよりさらに運動不足かもしれません。

2008年8月16日 (土)

もしもアスリートになるなら

Photo 少々、疲れぎみです。

見たいものが多すぎるんだもん。

でも、まだ、これから!


アスリートってすごい。

感動してしまいますもん。

感動を求めて見ているわけではないのだけど

「ありがとう」なんて言いたくもないのだけど

こみ上げて、わき上がって

ぐっとくるものが確かにある。

すばらしいです。




これはやってみたい、とか

うへー、こんなのはやだなあ、とか

いちゃもんつけながら見るのもいつものこと。




やれそうだと思ったのは、体型的にはバトミントン。

(でも、地味だからいや)

頭の中で、一応全部ユニフォームを着てみたりするのも楽しいです。

Banner_02 重量挙げだけは、ぜったいやだ… 卓球も地味すぎる、猫背だし…

2008年8月12日 (火)

目が疲れるほど オリンピックミニ雑感

注目されつづけたバトミントン「オグシオ」が敗退し

よく知らなかった末綱・前田ペアが、金メダル候補中国ペアを

さわやかな戦いぶりで勝利。

一夜明けると「スエマエ」になっていました。

まったく、マスコミはすぐこれだから。



五輪にどっぷりです。

日本人選手が出てると思うとついつい見たくなります。

そうすると素晴らしい外国人選手にも出会う。

ゴージャス!




水泳競技の予選決勝が華やかですね。

昔々、水泳の試合を見ていると日本人選手のからだの貧弱さが悲しかったものです。

立派になったなあ、としみじみ。

もちろん、欧米の選手の大きさにはかなわないかもしれないけど

体躯も、精神力も大きく強くなりました。




水泳競技の解説のメダリスト鈴木大地。

彼のオレ様っぷりは記憶に残るものですが、まあ、よくしゃべる人です。

こんなにフレンドリーな語り口の人になるとは選手時代には想像できませんでした。

「ボク、水泳が大好きさ」

他国の選手への取材も詳細で、わかりやすいけれど、しゃべりすぎなくらいです。

しゃべるといえば、解説ではなく監督だけど、柔道ケガしても金メダルの平成の三四郎古賀稔彦。

彼もまた、選手時代の無口なイメージからは一転(とわたしが感じる)

そりゃあもうしゃべるよくしゃべる。

「軽い人なんぢゃあ…」と考えたくなるのは鈴木さんと同じです。



メダリストで解説をしているのは、女子柔道の山口香。

彼女のキビキビをした的確な解説は以前から好感もってます。

一方男子柔道の篠原信一です、敗退した男子81kg級小野卓志の試合といったら

ほとんど自身が試合してる気分になってしまっていて

篠原の声の苦渋悲哀がまさって、痛々しかったのは

彼は引退して間もないということなのでしょうか。



今、マラソンの野口みずきが棄権するという一報が入りました。

残念です。

代わりに走るのって誰だったでしょう。。

チャンスを活かして欲しいです。

Banner_02 見てるだけでヘトヘトです…ダメじゃないね~~~(*´艸`)クス

ちゅんちゅんの陶芸ブログはこちら

フォトアルバム
Powered by Six Apart