あべの天王寺散歩 Feed

2016年10月 7日 (金)

散歩の先は動物園

Img_0550

昨夜、明日もお天気と体調がよかったら、散歩に行こう。
そう決めてよく眠りました。
その明日の今日は快晴です。
天王寺動物園に行ってきました。

なぜ通天閣の写真?とお思いの方、いらっしゃいますでしょうか。
通天閣と天王寺動物園は隣りあっているのです。
家から歩いても30分くらいで着いてしまう距離なのです。

平日の午前中の動物園はといえば
幼稚園児と小学生と先生たちで溢れています。
それとベビーカーを押すママさんたち。

Img_0552

天気はいいし、風はさらさらしてるし
木陰のベンチでぼぉぉぉぉぉぉっとするのは
本当に気持ちがいいです。
家でもぼぅっとしてるけど、それとは全然違います。
空は青いし、時々、白い小さな飛行機が天高く横切ってどこかへ旅してるし
わたしも呼吸がとても楽だし
子どもたちが歓声をあげて走っていくのが平和だし
コーヒーを買って、ゆっくり飲んで
ポケモンゲットして(たくさんいます(*´艸`)クス)
しみじみいい感じです。

Img_0565

動物たちももちろんぐるぐるっと見て回りました。
大好きなネコ科動物たち、トラにライオンにジャガーにピューマ。
スナドリ猫って、くぬぎに似てる。
ん?
1匹いたスナドリ猫さん、毛艶が悪いし、くぬぎが具合の悪いときに雰囲気がそっくり。
なんだかおかしいなぁ。
そう思った途端、げーげー吐くのです。
その様子もくぬぎにそっくりです。
スタッフさんを探して、伝えておきました。
なんともないといいけれど。

幼稚園の先生が園児たちに「ほら、スナドリ猫やって、ほんまに猫みたいやんな。かわいいねー」と言っています。
ちょっと先生、吐いてるのに、子どもら見てるのに、それは違うんぢゃ…。
先生、たくさんの園児を引き連れ、動物を見るどころじゃないようでした。

近いうちに、スナドリ猫さんを見にもう一度来なくちゃ。
そう思いながら、あまりに右手が痛いので、シャンプーをしてもらいにゆりちゃんの美容室まで足を伸ばしました。

Banner_02木陰のベンチは暑くもなく寒くもなく最高でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←スナドリ猫さん、気になる〜〜〜


Instagramインスタグラムはじめました♬


2015年1月 5日 (月)

四天王寺 わつか市

P1050166

毎月第一日曜日。
大阪四天王寺では「わつか市」が開催されます。
手作り市です。
ちゅんたろー、今年は手作り市に出店する野望があるので
その下見というか見学です。

P1050164

お参りもちゃんとしました。
おみくじは「山中温泉でもうひいたやろ、やたらとひくもんちゃう」とたしなめられ、断念。
末吉だったから、もうちょっといいのがほしかったんです。
くすす。

さて、手作り市です。
出てます出てます。
だいたい、ひとつのブースが2m×2mくらいです。
みなさん、ちょうどよさげなテントをはって
ちょうどよさげなテーブルをおき、布をかけ、こじんまりディスプレイ。
「ほんまの手作りなんやな。素人さんばかりでええ感じやんなー」とおっちゃんの感想。
アクセサリー、皮工芸、手編みこもの、ちびたカフェ、パン、お菓子、野菜、はちみつ、お茶、陶器を出してる人もいました。
空いているブースもあったので、なんとかなるんじゃないかな。
「そうやけど、テントやテーブルはどないすんねんな。主催者からの貸し出しはないんやろ?」
そーです、そこが問題。
最初は、トランクに入るだけ持ってきて並べる、でもいいかなぁ。

P1050163

四天王寺から心斎橋に出て、少しお買い物をしました。
いつもより人がさらに多いです、中国人がバーゲンに参加しています。
知っててやってきたのかなあ、元気です、すごいです。

ちょっと遅くなったお昼は、道頓堀「今井」。
のどが渇いたので、ビール。
おいしい出し巻きと小エビのてんぷらでの一杯は上々です。
一息ついて、きざみあんかけうどんをいただきます。
あんかけには「きざみ」と「きつね(お揚げを甘く炊いたの)」の2種類があります。
冬はあんかけがいちばんよねーとわたし。
ここは、うどんもおそばもどっちもおいしい。
すっかり温まりました。

P1050169

P1050170

P1050153

さて「今日は何着る」コーナーです。
ぼやぁっとしたくしてたら、また黒いニットを着ていたので
白い太うねのタートルニットに替えたら
「なんか、もっさりしてんなー」とクレームが入りました。
うう…めんどくさいなぁおっちゃん。
赤い着丈が短めのニットは合格。
気に入ってよくはいてるスカート、ニット、ブーツ:コムデギャルソン。
これに、ユニクロの黒いダウンコートでマフラーもなくて大丈夫。
わりと暖かな日でした。

Banner_02
わつか市、おばあさま方がニット帽をたくさん編んで出店したり、ほのぼのしていました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ちゅんたろー応援のクリックをおねがいしまーす!!

続きを読む »

2014年9月 6日 (土)

9月の初辰さん

P1040084

このところ、おっちゃんは忙しい、わたしはもうしんどい
あるいは、うっかり忘れた!
飛ばしてしまいがちな初辰さんです。
「これはあかんで」と言い合っていたので
今日は午前中の早いうちにがんばって行って参りました。

土曜日で、午前中は晴れて、そんなに暑くないから
参拝に訪れる人がちょうどいいくらいたっぷりありました。
参拝客は、少なすぎてもさみしい、多くてもなんだか疲れる。
茂った緑と広々とした宮内、いいなぁと思える静かな人々の気配
ホッとできるほどほどの塩梅というのがあって、
だけど、通っているとだいたいがそこから大きくはずれることはなくて、
でも、いつもと同じようで毎月ちょっと違う。

常緑の松や大きく茂った楠の木
落ちてしまった松ぼっくり、早くも黄色くなった葉
池に泳ぐ、大きな亀、小さな亀、カルガモ
順調に育っている稲穂
近所の小学生が作ったらしきカカシ。
ふぅ
今月は左手商売繁昌の招福招き猫を買うとき
「暑い中をようこそお参りくださいやした」とやさしい声をかけてもらいました。
ささいなことが、気持ちをやわらかくしてくれるものですね。

行って帰って1時間です。
午後から空は曇り、夕方から激しい雨と雷。
夜、雨がやんだらぐっと涼しくなっていました。

P1040088



Banner_02
残暑はあれど涼しいですねー




2014年5月15日 (木)

シンコ・デ・マヨ フェスティバル2014 天王寺公園

P1030404

GW5月5日と6日、大阪天王寺公園で、シンコデマヨフェスティバルが行われました。
電車の吊り広告で知っていて、最終日の6日、買い物がてらのぞいてみようということに。
吊り広告によると、シンコ デ マヨはアメリカ大陸で大人気のお祭りだそうだけど、ほんとかな。
くすす。

P1030368

いいお天気になりました。 暑くもなく、寒くもなく、風がさわやかです。
入場券150円を求める行列がずらりできていました。

P1030376

メキシコ、ペルー、ブラジル、チリ、アルゼンチンなどなど、アメリカ大陸の国々のフードやドリンクの出店が並んで、ものすごくにぎわっています。
店をやってるのは、たいてい外国の人です。
いろんなお肉を焼いてます焼いてます。

P1030379

おっちゃんは、ビール。
わたしは、久々のモヒートです。
おいしい。

P1030380

パスタで作ったパエリアです。
おっちゃんチョイスは、大失敗。
くすす。

P1030384

わたしは、ターキーを1本。
想像してたより、うんとジューシーでうまかった。

P1030387

天王寺公園内は、多種多様なバラが咲くのです。

P1030389

バラのアーチの下にベンチがあって
みなそれぞれに飲んだり食べたり、のーんびりです。

P1030392

どこのお店も行列なんです。
売れまくりです。
外国人のお客さんも驚くほど多くて
再会を喜んでる人たちも目立ちます。
「シンコデマヨで会おうね」という感じでしょうか。

ブリトー、うまかったです。

P1030393

ビールよりカクテル。
見たことのないリキュールがずらり。
モヒートはおいしかったけど、マルガリータはいまいちでした。
マルガリータ作ってる人の手元をちゃんと見てから注文すればよかったな。

P1030397

ステージでは、歌ったり踊ったり。
ラテンの音楽が場内をとても陽気にしています。
写真はマリネラ。
足の動きがどうなっているのやら。
ちびた男の子のいっちょまえのダンスが最高でした。

P1030399

モヒート、おかわり。
気持ちがよくて、風に吹かれて、明るい日光がほどよく眠たさを誘って
ちょっと酔っぱらってきました。


Banner_025月16日あたりからは5月なのにオクトーバーフェストがあるのです。




2014年5月 3日 (土)

古いものをたいせつに♪阪堺電軌100年

P1030244

電車は苦手でも、ちんちん電車はけっこう好きです。
道路を走るので、速度がバス並みというのがいいのでしょうか。
バスと同じようにワンマン電車です。
降りるときに200円、支払います。

この日の電車も古かった。

A

内装が木なのです。
木目が見えるでしょうか。
壁をはうコードなどは、カバーしてあります。
ペンキ塗りのところもかわいくてよろしいのです。
車体の外側は、青いペンキが塗られていました。
何回繰り返して塗られたかわからないほど分厚かった。

P1030243

ズームしてみます。
昭和5年、1930年です。
大阪大空襲もくぐりぬけて
84歳の車両です。

P1030242

ほら、床はパッチワークのつぎはぎですよ。
手入れして、使いこんで、修理して、手入れして
こういうのを見るたびに、これからもがんばって走っていてほしいなあと思うのです。


Banner_02撮り鉄さんが、撮ってから、乗ってきました♪



2014年5月 1日 (木)

ハルカス マリオットホテル クラブコーナーツイン宿泊

P1030120

4月29日はGWにしては珍しく雨となりました。
ご近所なのだけど、ハルカス上層階にオープンしたマリオットホテルに泊まってみることにしやした。

P1030121

勝手知ったる地元、なのに、入り口がわかりにくいです。
ふつうホテルにあるはずの車寄せが見当たらない。
外国人や遠来の宿泊客はきっと迷うと思うのです。
地下のハルカス案内所のところのエレベーターからがいちばんわかりやすいかもしれません。

P1030224

ロビーは19階です。
天井がとても高いし、東側、生駒を借景にしたロビーは、広々としています。

P1030240

クラブフロアに宿泊したので、38階のクラブラウンジでチェックイン。
こちらも、マリオットらしい内装で、天井が高く、広いラウンジです。
アフタヌーンティの時間でしたが、いまいちのスコーンや、味のない一口サンドイッチや、マフィンなど、コーヒーもあまりおいしくありません。
ちょっと残念。

P1030131

お部屋は50階です。
眺望がすばらしいです。
入ってすぐのソファにミニバー

P1030133

窓が足元から天井までと大きい!
内装は高級感はありませんが、シンプルで気持ちがいい。
新しいのも気分がいいです。

P1030159

コーナーツインということで
部屋の西と北は全部窓です。
こんなに見晴らしがいいなんて!と感激。

P1030145

バスとトイレが別々なのがいいです。
お風呂にも窓、谷町筋が北に伸びます。

P1030141

ひととおり、なんでも揃ってます。
クローゼットにはアイロンも。
ミニバーの上にはネスプレッソ。 南部鉄器の急須があったり、外国人観光客への日本文化の紹介かしらん、と思いました。

P1030136

天王寺公園、茶臼山、動物園。
ほんとうに緑の少ない大阪のオアシスのようです。
何か動物が見えないか目をこらしましたが、無理でした。
くすす。

P1030137

通天閣が小さいです。

P1030138

北側のすぐ下には聖徳太子が建立した四天王寺。
昔々はこの寺の西に海が迫っておりました。

P1030139

ビル街の中にちびーっちゃく大阪城を見つけることができます。

大阪湾の向こうには淡路島。
六甲から吹田と視線を移せば、京都方面まで。
あきず眺めておりました。

P1030171

クラブラウンジではカクテルタイムです。
ゆったりソファで、スパークリングをいただきます。
大阪のクラブラウンジといえば、リッツカールトンしか知らないのだけど
質が落ちたというリッツより、さらに、うーん…といったところです。
このラウンジ、眺望がないのも残念かな。

P1030188

部屋に戻ると、夜景が広がっています。
思わず、うわぁっと声が出ます。

P1030189

光の海の上で、大阪の上で眠っているような気になりましたよ。
空が近く、天気が近く、はるか真下を鳥が旋回します。

P1030197

おっちゃんとセブンブリッジに興じました。
ちゅんたろーの圧勝です。
わはは!
(*´艸`)クス

P1030203

朝、雨は上がっていました。
6時と6時半のどちらかを選んで
営業時間前のハルカス300展望台に上ることができるサービスを利用しました。
宿泊客だけなのに、けっこうな人です。
GWのホテルの稼働率は85%だそう。

ぐるり360℃の展望。
天気が良い日には京都まで見渡せます。
この日は生駒もうっすら霞がかかっていました。

P1030210

P1030211

わたし、高所恐怖症ではない、と確信しました。
床がガラス張りでも、平気。
人が黒ごまくらいにしか見えません。
ちんちん電車は小さなマッチ箱みたいで、とてもかわいいです。

P1030220

我が家もちゃんと見えました。

P1030222

あべのベア、です。
か、かわいくない、と思う。

時間を区切っての観覧なので
「そろそろおしまいです」の声にホテルに戻ることにしました。

P1030199

16階から60階まで45秒です。
めちゃくちゃ早い。
落ちていくみたいです。
エレベーター乗るたびに、耳がおかしくなりました。

P1030238

ラウンジの朝ごはん。
種類もそんなに多くなく、ふつうです。
パン、もうちょっとおいしくないとー、ホテルなのにー。
コーヒーも、もうちょっとおいしくないとー、ホテルなんだからー。
くすす。

P1030198

新聞を読み終えたおっちゃんは仕事に出かけてゆきました。
わたしは、チェックアウト12近くまで寝心地のよいベッドに転んで
あきず外を眺めてごろごろ過ごしました。


Banner_02ここ、いいです、クラブラウンジはいまいちだけど、アッパーフロア宿泊はおすすめです。



続きを読む »

2013年10月17日 (木)

ハルカスの時計の広場の時計

P1020296

ここしばらく、頭皮がむくんでぶよぶよしてるのと
頭痛首こり肩こりで整骨院に通っています。
半信半疑で週に1回、少しずつよくなっているのが触ってわかります。
今日も行ってきました。 前回の支払い時、500円玉と間違えてそっくりなスリランカルピーを渡してしまったんじゃないかどうかをちゃんと確かめなければ。

10月10日に、ハルカス近鉄のウイング館4〜8階がオープンしました。
ハルカス地下1階の御堂筋線改札前あたりの入り口前に時計の広場というのもできていました。
天井が時計になっています。
あべの天王寺の待ち合わせ場所にどうぞ、というものらしいです。
し、しかし…
わたしは時計の広場ができるのを知ってたのに、どこ?って思った。
遠くから見えないんだもん、天井だから。
だから、はじめての待ち合わせには「天井が時計になってるところの下」とか「見上げたらモノトーンの時計があるよ」とか付け加えてください。
そして、見上げてるとき、スリにお気をつけください。
わたしがどこから撮ろうかなとカメラ構えて見上げながら歩いていると
周囲の人たちが、なんだ?と誘われたように上を向いていました。
ぶつからないようにも気をつけてください。
くすす。

はたして、お守りのスリランカルピーは無事、わたしの手元に戻ってきました。
そして、前回の分の500円もちゃんと支払ってきました。
笑われました。
「ときどきゲームセンターのコインとかが混ざることもあるんですよ」
いや、もう、まったくはずかしいかぎりです、スミマセン。

帰りにはハルカス近鉄7階に新しくできたジュンク堂へ。
夏に神戸三ノ宮の岩茶荘で眼診してもらったとき、「大きな本屋さんに通うのがいいです。本を手にとっては見して、気に入ったのを買って帰るを繰り返してください」と言われたのを思い出しました。
ジュンク堂らしく、広くてゆったりしています。
天王寺は、喜久屋書店がいちばん大きかったけど、こちらのほうが大きいし、落ちついています。

文庫のコーナーの一部だけ、しゃがんだり立ったりちょっと読んだり、河合隼雄の最後の対談は小川洋子だったんだとか、棚を眺めながら目がとらえる情報はアマゾンで本を探すのとはずいぶん違います。
疲れすぎてはいけないので、新潮文庫コーナーで3冊手にとったところで、今日はおしまい。
整骨院に通うのもジュンク堂とセットにすれば、すごくいい外出の機会になりそうです。

P1020297



Banner_02
隔世の感があるわぁ…(*´艸`)クス

↓この「続きを読む」を出さない方法がわかる方、教えてくださいませ、です。

続きを読む »

2013年9月 7日 (土)

お酒なんでも研究所 カフェ部

P1020188


阿倍野の王子町に日本酒を飲ませるおもいろいお店ができてるらしいよ。
ふたりの人からそういう話を聞いてきたおっちゃんと、たぶんこのあたりのはず、と目算をつけながら細い路地をいくと、ありました。
小さな立て看板が置いてあるだけのふつうのお宅です。


お店の名前も知らなかったので、予約もせずにこんばんは。
カウンター4席と小さなテーブルで2席。
大阪のこのあたりの住宅の1階を玄関からそのまま2部屋に少しだけ手を入れて作ったという感じ。
おじゃまします、とお呼ばれのようです。


P1020171


「うちは大吟醸だけなんです」とカフェ部の部長さん(ここの女店長さん)。
はじめてなので、おまかせでいただくことにしました。
おつまみ7品に合う大吟醸を選んでサーブしてもらいます。
この日、わたしが飲んだリストです。
*鳥取琴浦町 鷹勇 大吟醸 秘蔵酒
*京都亀岡市 翁鶴 山廃純米大吟醸
*京都    初日の出 純米大吟醸原酒 六友
*京都    澤屋まつもと うるとら純米大吟醸
*新潟    大洋盛 大吟醸 越後流
*広島    旭鳳 大吟醸雄町 大古酒
うーん、なんってすばらしい。
おっちゃんのは違うラインナップです。
*山形河北町 あら玉 純米大吟醸
*大阪泉佐野 荘の郷 大吟醸
*徳島鳴門市 鳴門鯛 純米大吟醸原酒
*愛媛四国中央市 梅錦 大吟辛口
*京都伏見  桃の滴 純米大吟醸 熟
*広島    旭鳳 大吟醸雄町 大古酒


採算に合わなかったりするそうだけど、お酒もお肴もおおよそワンコイン500円。
おつまみはどれもお酒とよく合っておいしかったけど、なんといってもお酒がいいです。
一杯ずつ、チューリップ型のグラスにそそいで、解説がかかれたピンクの紙も一緒に渡してくれます。
その大吟醸酒のおいたちや、使われてるお米や仕込み方、飲み口、香りなどなど、詳しく書いてあって楽しい。
わたしは、ちょっと甘めのりんごや洋なしやメロンや、フルーティな香りのするのが好みです。


大阪市阿倍野区王子町1−7−8
午後3時から午後11時まで(午後9時以降は要電話) 月火が定休日
080−4413−2685
日本酒が好きだ!という方はぜひ一度。
おいしいものが飲めまする。


201309011



Banner_02「強いですね」と言われました。(*´艸`)クス




2013年7月 1日 (月)

7月1日の初辰さん

P1010922


なんと7月になってしまいました。
1年の折り返し、梅雨も後半、猛暑近し
ふんどしのヒモを結び直さないと
ここで一度しゃきっとしないと
いかんでしょう!


そんな朝なのに、しんどいです。
毎日毎日眠ってばかりいれば当然なのだけど
からだの動きがとても悪くて、元気が出ない。
元気は出ないけど、今日は行こう。
「お、なんとか出かけられるか?」と着替えたわたしを見て言うおっちゃん。
へぇ、付き合ってください。


よく晴れた大阪は梅雨の中休みで日差しが強いです。
あら、出店が少ないね。
規則性は見出だせないけれど、参道の出店は多かったり少なかったり
参拝客だけはいつもほどほどに途切れません。
のんびりして、巨木に囲まれて、空気が清々していて、
砂利を踏みながら歩くのはいつも気持ちがいい。


P1010924


御神田に向かう道、鴨が木陰で休んでいました。
すぐ側を通ると、ちーぴーちーぴー
ぐぇっぐわぁっという鴨の鳴き声の中にかわいい声が混ざって聞こえます。
ちーぴーちーぴー
小鴨が1羽、ちーぴー鳴きながら走り回っています。
ここの鴨さんたちは、無農薬(だろうと思う)御神田の虫を食べます。


P1010928


田植えの神事は6月14日に終わっています。
来年こそは見学に行かねば、です。


P1010927


鴨はまだ放たれてないけれど、亀さんがいました。
暑いけれど、暑すぎず、いい季節です。
いちばん体調のいい頃です。
なのに、なのに、
ちんちん電車をわたしだけ降り、仕事に向かうおっちゃんに手を振って
帰り道のつらかったこと。
サンダルの裏にねばねばの何かがはりついてるみたいで
アスファルトを1歩1歩はがしながら進んでる。
そんな感じの足取りなので、家にたどりついたときにはたいそうな息切れです。
おさまるのに1時間くらいもかかってしまいました。


それでも、ちゃんとお参りして、招福猫さんをもらってきた。
ちょっとだけど動いた歩いた。
それが大事。
参道に果物屋さんが出てなかったのが残念です。




Banner_02メロンが食べたいけど、トマトでがまん。(*´艸`)クス



2013年5月 8日 (水)

おいしい大阪のコリアンタウン

P1010734_2


おいしい冷麺が300円で食べられていいよーという話を聞いて
ちょうどGWは3日、いちど行ってみようよ、とまいりましたのはJR環状線桃谷です。
鶴橋からも同じくらいの距離らしく、どちらで降りても大丈夫。


P1010703


桃谷の駅を出てすぐ左。
東西に長い桃谷商店街です。
大きな通りに出るまで、商店街はつづきます。
最後に来たのは15年以上前だけど、こんなに長かったかしらん。
大通りに出たらば、左へ。
この通りをずーっとゆけば鶴橋です。


P1010731


御幸森天神宮(みゆきもりてんじんぐう)が右手に見えてきます。
このあたりが猪飼野。
5世紀、仁徳天皇が百済人のようすうかがいや鷹狩りで訪れ休憩した縁で、御幸の森と呼ばれるようになったのが由緒です。
落ちついていて明るい神社で、よい気に満ちています。
百済からの渡来人王仁博士が仁徳天皇の即位を祝った「難波津に咲くやこの花冬籠り今は春べと咲くやこの花」の日本語とハングルで彫られた歌碑が立っています。
日韓の友好をねがっての歌碑です。


右へ入れば、さあコリアンタウン。


P1010707


一見してにぎわってるのがわかります。
コロコロトランクをひいた女性グループもいるもんね。
地元のひとに混ざって多くの観光客です。


P1010708


左右に、ホルモン類が充実したお肉屋さん、サンチュなど韓国料理に使われる野菜やくだものが並んだ八百屋さん、多種類のキムチ、キムパッ、チヂミ、ホットッ、などなどなど。
あれもこれも食べたくなるお店が並びます。
干してあるのは甘鯛です。


P1010713


韓流ショップやコスメショップは女性のお客さんでいっぱいです。
うわぁ、ほほぅ…。
くすす。


P1010723


韓国の伝統工芸雑貨小物屋さんもありました。


P1010715


おっちゃん、ここだよ、ここ、ほら、300円って書いてあるもん。
屋台のようなお店です。
テーブルと椅子をざっと並べてあるだけです。
ビールは買って持ち込みました。(メニューにはないのです)


P1010721


わたしはビビン麺にしました、スープは自分で調節しながら入れます。
水キムチ、白菜、大根、青菜のキムチは、セルフサービスでおかわり自由という韓国方式です。
おっちゃんは冷麺。
300円とは思えない美味で、満足です。
おいしかった、ごちそうさま。


P1010722


食べているあいだにこんなに行列ができていました。
知るひとぞ知る、なのかなあ。
温麺やお粥、ビビンバ、ユッケジャンもありました。


P1010726


左となりのお店でキムチを買いました。
種類が多くて悩んだけど、白菜キムチと水キムチにして
ざっくりそうとうな大盛りで、それぞれ500円。


P1010729


海鮮チヂミとキムパッもね。


P1010730


「肉も買うて帰るのに、そんなに食べきれへんって」というおっちゃん。
でも、豚足はほしいんです。
すごく好きなんです、豚足。
くすす。


活気があって、安くて、おいしくて
お昼のほんの2時間くらいだったけど、ちびた海外旅行をした気分です。
買って帰ったものは、どれもおいしかった。
キムチは本格的なので、冷蔵庫がかなりすごい香りでいっぱいになります。




Banner_02また行きますっ!!(*´艸`)クス




ちゅんちゅんの陶芸ブログはこちら

フォトアルバム
Powered by Six Apart