いきぬきたいむ Feed

2008年5月 4日 (日)

天皇賞の結果です

興奮いたしました。
昼寝をぐっとこらえてテレビ観戦です。

アサクサキングスは3着
あかんかった。

武豊って、カッコいい。
馬上の姿が好きです。
おっとりしてるのにクールだし。
最後、武豊を応援してしまった
アドマイヤジュピタって騎手があんまし好きじゃないんだもん。

馬が走る。
美しいです。
汗が光って
筋肉がむだなく動いて。
「この一瞬」が切ない。


くぬぎのパッカパッカ走り。
お尻と後ろ足が跳ね上がります。
むだの多い走りです。
あれこれ考えてぜんぜん集中してないのね。

さあ、昼寝しましょ。

天皇賞の予想です

   アサクサキングス

理由は…
よくわからないけど、3連勝はない感じ?
そんな感じ?
NHKの朝ドラ、東京の下町が舞台だし
浅草じゃないけど
関係ないけど
なんとなく、くる、かも、な感じ?
勝つ感じ。

テレビは2時35分から4時。
ちょうど昼寝の時間ぢゃありませんか…



2008年4月 3日 (木)

大食い番組

「大食い」に関しては賛否両論あるところですが
わたしは女性の大食いは見てて悪い気がしないのです。

大きながっちりした男の人がたくさん食べるのは、特別なことには思えず。
その上、あまりきれいじゃない。

本当の大食いはどうやら痩せている人のよう。
そして、女性。

環境問題や食糧問題はさておいて
すごいなあ…とひたすら感心してしまう。
このふところの大きさって女性そのものかも。
なんて思ってしまう。

からだの作りはそれぞれだから
あっという間に胃を通り過ぎていってしまうという体質だってあるんだろう。
だけど。
ふだん、つらいだろうなあ。
番組で食べたいだけ食べられるのは気持ちがよさそうだけど
日常それはできないだろうから。
おなかすいてる時間が長いんだろうね。
食費がすごいんだろうね。

わたしの食べる量は、たぶんそれほど多くない。
食べるのをガマンしたりはない。
多めに摂るようにしていて、満腹で苦しいということもある。
それでも栄養素が足りてないのは多くないということだろう。

食欲がないなあと思うとき、女性の大食いの番組を見る。
逆効果のこともあるけど、なんだかもっと食べられそうな気がしてくることもあって。

ぷちっぷちっとソーセージがはじける音や
つるつる、つるつる、ずずずーっとすすられていくラーメンや
遠足のときのおにぎりを思い出すようなもりもりのごはんをやっつける姿を見て
こんなふうにおいしそうにぱくつきたい
あこがれたりするのです。
あれをやってみたいなあ。

男の人っておいしそうというより、戦ってるようすですよね。
それじゃあ、つまらないもんね。




Zynqauqf 大食いの女の人って、たいてい顔がつるつるだもーん。
でっかいおにぎりが食べたいなーっ。

2007年6月28日 (木)

梅雨は夏なのでした…

Grtbjunu 真夏日でございます。
天気予報では、まだ梅雨明けには間があるので
本格的な暑さではありませんよーと言っています。

しかし、大阪の街中では、
どう感じないようにしても
本格的に暑いのでございます。
わたしの寝室は北。
家でいちばん涼しいはずの場所ですでに真夜中12時に26度でございますの。
ね、熱帯夜…?

ごねていたところで、暑いものは暑い。
じぃっと座っていて汗をじんわりかくのと
ちょこまか動いて汗をかくのでは
後者のほうが気分がいい。

朝から、髪をたばね、首に薄手にタオルをぐぃっと巻き
Tシャツに膝丈パンツ、顔だけは日焼け止めクリームをぬり
ベランダで、鉢や土や石を植えられるようセットして
花やハーブや木を届いたときの小さな鉢やポットから植え替えしたのです。
汗びっしょり。
たいした作業でもないのだけど、達成感でいっぱい。

今はインターネットで買い物がなんでもできます。
外に出られなくても、これらのものは全部画面で見て注文して届けてもらえる。
実物を見られないという欠点があるけれど、だんだん勘がはたらくようになって失敗も減ってくるというものです。

火曜日にヘルパーさんがきてくれたとき
懸案のチューチューアイスをお願いしました。
「くすっ、子どもが小さいころはよう買うてたわぁ」
自分では食べないですか?という質問をうまくかわしたヘルパーさんは
「果汁100%のんですねー、わかりました」
気安くチューペットミニを買ってきてくれました。

ちょっとハズカシイ頼みごとのもうひとつは「ちーずかまぼこ」です。


Zynqauqf チューチューアイス最高♪
おねがい、ぽちっと、ぽちっとおしてってにゃっー!!


2007年3月 5日 (月)

すぐれたジグソーパズルシート

Mcpumiyq ジグソーパズルが完成しました。
うーん、没頭。
うむーん、達成感動ありあり。
うぉーん、集中しすぎたかも。

すぐに
こわしてしまいたい。
バラバラにして
もう一度はじめから
やりたーい。

とちゅう、いちじくぬぎにそれほどじゃまされることもなく999ピースをしあげました。

なぜに999ピースかといえば
熱中しているわたしの仕事を
「ほほぅ、なかなか圧巻やな」
そう言ってながめているおっちゃんが
こそっとはしっこのほうで1個はめちゃったらしいの。
うぐぐ。
ま、まあ、いいです。
Eclxsenw
さてさて
小妹にもらったパズルです。
そのときに一緒に買ってくれたのが
これ。
このグリーンのパズル用シートです。

0agiptx0
ふたつに分かれた筒を一本にして
はしっこから、くるくると巻く。
Nect78je こんな風に
コツはいりません。
くるくるっと巻く。

ピースが重ならないようにだけ
注意。
やりかけでも
もちろん大丈夫。
広げておくのはじゃまだし
いちじくぬぎに散らされるのがおちですもの。
5uwjtypq
巻き終わったら
2本のゴムのバンドで固定します。
うーん。
すぐれものです。

しかし。
このグリーンのフェルト
昔々。
コタツの天板をひっくり返すとあらわれた、マージャン台を思い出させます。




Zynqauqf コメントのお返事おくれております…今日もぽちっとぽちっとおねがいデス

2007年3月 4日 (日)

啓蟄どころではなく

2wnv_hgr この陽気はなんでしょう!
昼寝さえしたくないほどの晴れ

外の空気がわたしを誘い
落ちついていられない気分です
「さあ、出なさいな」
「ほらほら、出なさいな」
「ソフトクリームがおいしいわよ」
「虫だってすっかり目をさましてとっくに活動中よ」
「ほらほら、ほらほらほらほら…」

洗濯ものがどんどん乾く
花粉いっぱいでも窓を開けて
いちじくぬぎもコタツから出てる

むずむずしながらもじっとがまん
外へ出るのはがまんがまん
昨夜からの1000ピースジグソーパズル
数度途方に暮れましたがここまで進行しております

このグリーンのシートがすぐれものです
途中でもポールにくるくると巻いてしまうことができる

ベランダで大きく息を吸う
遠くの山々がかすんでもわもわな空です





Zynqauqf おらを散歩につれてってけろ…今日もぽちっとぽちっとおねがいデス


2007年2月 7日 (水)

開運・お年玉つき年賀はがき

Tj197x8w すでに半月以上前に発表された
お年玉つき年賀はがきの当選番号です。

どうせ、切手シートだもん…。
1枚も当たらんかもしれんもん…。
そう思って確認していませんでした。


やった〜〜〜〜〜!!
2等が当たった!!!
「地域特産品小包」です。

下4ケタ
1万本に1本 4本♪

何を送ってもらおうかな。
お肉。
カニ。
カニなら、ずわい?
それとも、毛ガニ、あるいは、タラバガニ。
迷うなあ。

もちろん2等ははじめてです。




Zynqauqf いい年になりそうなちゅんちゅんデス、ぽちっとおねがいしますのデス






2007年1月 7日 (日)

赤福な空

G7mwtvaa
1月7日
午後5時6分の南の空です。

日が長くなってきました。
冬至のころ、この時間はもう暗かったもの。

昼寝から醒め
リビングの窓を開けると伊勢の赤福が5つ浮かんでいました。

あんこ…
赤福はこしあんだから1つで満足。
あんこ、食べたいなあ。




Zynqauqf 再ちゃれんじで、ぽちっとおねがいデス

2006年12月11日 (月)

気にしないでください

おいしいお菓子が食べたいな
おいしいコーヒーが飲みたいな
おいしいおいしいおいしいおいしいおいしい

わたしは外へ出たいのよーーーーーーーっ!!
外へ出たーーーいっ。

年末の街を歩き回りたい
お買い物をいっぱいしたい

疲れて喫茶店で一休み
あったかいココア
手紙を1通書く

また街に出る
ポストを見つけて投函

新しいカードもきっと買いたくなる
探しにいかなくちゃ

両手にいっぱいの紙袋を持って
ああ、重たいなって思う
空も白いグレーで重たいなって思う
早く帰らなくちゃ日が暮れちゃうなって思う
ん、でも、日が暮れたらイルミネーションがきれいだから
もう少し寄り道しようかなって思う

だめ
いちじくぬぎが待ってる

ああ、おれは、外へ出たいどーーーーっっっ


2006年7月18日 (火)

おっちゃんは夏休み

M9dyd602 なんと、日ごろは忙しくて、カレンダーについたお休みの丸印が意味のなさないおっちゃんが、丸みっつの三連休を本当に休んだのでした。

「休みなんやけど、休みちゃうねん。そしたら行ってくるわな」
…と
これがふつう。
驚いた。
ほんとに休めちゃったりするんだ。

しかし。
おっちゃんが休みだからといって、わたしの体調がお休みなわけではない。
「なあ、祇園祭やで。宵々山やで。早いうちやったら人もたいしたことないんちゃうん?」
ううん、そんなことない。苦手な電車は間違いなく混んでるし、四条界隈はすでに人がわらわらと沸いてきてるもん。
「ああ、久しぶりに、行きたい思わへん。なあ?」
とっくにあきらめてるから、行きたくない。

いいの、わたしは本当にいいの。
家で留守番してるのは辛くも悲しくも寂しくもないから、行きたいところへは行って欲しい。

でも、おっちゃんは、それはそうなんやけどな、なんだかいややねん、らしい。

土曜は家に留まったものの、日曜月曜の二日つづけて、わたしは昼寝をする時間もなく外出いたしました。
タクシーに乗った。
地下鉄にも乗った。
なんと、大阪市営バスにも乗った。
「たまには、こうやってな、外に出ることも必要なんやって、な」

至極、もっともです。
その通り。
目的地はそれぞれ一箇所で、あれこれ寄り道をしたわけでもない。
ああ、人の生活ってすごいのね…。

まるで自分が人ではないような。
そう、いちじくぬぎと同じような生き物な感じ。

今日の午後はぜひとも、ねこのますとへ連れてってもらいたい。

それなのに。
ガス給湯器の設備になにやら故障が見つかり、給湯やガスエアコンが使えない状態になった。
午後、修理の人がくることになっています。
ああ…、人の生活、ここにあり。

ピンポーンの音で目が覚めることを願ってやみません、ええ。

夏場のパソコンのように頭が熱いです。




*京都・老松の夏柑糖
夏みかんのゼリー
よーく冷やして、暑いときには最高です。
夏みかんの甘さと酸味と苦味が素晴らしいです。




ちゅんちゅんの陶芸ブログはこちら

フォトアルバム
Powered by Six Apart