わたしのうつ病 Feed

2016年9月24日 (土)

急降下にびっくりしました

Img_0287

水曜日の夜まで特に変わったことはなかったんです。
月曜日に発作を起こして、頭痛はありました。
手首が痛くて夜中に目を覚ましたりはありました。
でもふつうにしていて、木曜日の祝日はおっちゃんと散歩に出かけようと思っていたんです。
そう、ポケGOをしに。
(*´艸`)クス

木曜の朝、起きなくちゃいけないんだけど、からだが鉛のようで、呼吸がうまくできず、おかしいなと思いました。
とにかく起きて、お白湯を飲んで、パソコンを見て、コメントひとつ返事を書いたら、もうぐったりしてしまい、薬だけは飲んでそのままベッドに戻り、それっきり夜の7時、いや8時を過ぎるまで寝ていました。
動こうにも動けないのです。
トイレに行くのもやっとです。
おっちゃんが帰宅して、食事はできました。
それからまた横になって、夜のうちの雨の降る音を聞いていました。
金曜日の朝はもう自分ではもう動けず、頭も働かず、なんでこんなに息苦しく、からだが重たく、感覚もなく、水も飲み込みにくく、どこがどう悪いのか、病院に行くべきかどうか、自分ではもう何も判断できません。
これは急な鬱症状だろう、とぼんやりと思うだけです。

そんな風にこの二日を過ごしました。
昨夜、エビリファイを増やして飲んだのが効いたようで
今朝はずいぶんましです。

お彼岸頃からエビリファイを増やしたほうがいいだろうという話にはなっていたのです。
こんな急激な症状が出るとは思ってもいませんでした。
まいりました。

くぬぎが心配げに見ている横で、くぬぎのしっぽに飛びかかるわらび。
「わらび、うざいで」という感じで、くぬぎがイラッとしていました。
起きてみると、ベッドの上や周りにわらびのおもちゃが大集合しています。
「寝てばっかりね。どーしてなの?ちーちー」
わらび、時々顔をのぞきこみに来ていました。

Banner_02雨が多くて、気候が安定しませんものね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←みなさまも気をつけてお過ごしくださいませ。

2015年12月28日 (月)

今年最後の通院日

吐く息が白いです。
冷えています。
ひぇ〜〜
(*´艸`)クス
お正月を迎える前に、ちょっとくらい寒くないとが気分が乗るというか乗らないというか、調子が出ないというものです。
年の瀬の天王寺。
ハルカスの前には10時の開店を待つ人が黒山になっていました。
わたしはまず、てんかんの精神神経科のクリニックで受付をすませ
リウマチを診てもらっている内科クリニックに向かいました。
内科ですから、マスクをしてごほっごほごほぉぉぅっと
とっても感じの悪い咳をしている人が隣にいます。
席を立つのも悪い気がして、ああ、おねがい、わたしに移さないでくださいね、と念々と祈っておりました。

「調子はどうですか?」
はい、去年のいまごろと比べると天と地の違いがあります。
すごく調子がよくて、痛みもたいしたことがありませんっ!うふふ。
「暖かいですからねー、みなさん、口を揃えて同じことをおっしゃいますよー」
あ、そうなんですか?
わ、わたし、治ってきてるんじゃないかと思ってたんですけど…。
「今年はね、インフルエンザも今月たったのひとり、と出てないに等しいんです」
あったかいからですか?
「そうそう。去年の12月は軽く100人超えましたからね。まあ、まだ冷え込みますから。風邪をひかないように、冷やさないように、じゅうぶん気をつけていてくださいよ」
はい。
注射をぷすり。
このくらいはちっともいやじゃないけど、わたしの下手な点滴を毎日受けてるいちじくはいやだろうなあと思ったのでした。

スタバでぼんやりカフェラテを飲みながら、残りの待ち時間を過ごしました。
持っていた本も読まず、行き交う人をぼぉっとながめていました。
*女ふたり連れ
*年齢がかなり違う
*顔が似てる
*服装まで似てる
母娘連れが多いのに気がつきます。
うーん、微妙です。
お母さん、大人の女らしく、もっとシックでもいいんぢゃない?
そう思いながら、自分の着てる服が目に入り
そんなこと言えないか、と笑えてきました。

「おや、今日は顔色がいいですね」
はい、調子は悪くはないんです。
エビリファイ2分の1包にしてから、元気さにも落ちつきがあって、悪くないんです。
なのに。
「なのに?」
土曜日に発作がありました。
と、発作の日のことを話しました。
「夜中に猫さんのことで起きたりと、あるんですね、きっと。とにかくよく眠るというのは、脳のリカバリに本当にいいんです。あなたはそれができてるから、まだ発作のあとがましなんですよ」
そうかもしれないです。
「状況や体調がそれを許さない人がいらっしゃるんですが、とにかく発作後の戻りが悪くて、体調がよくないのがつづくんです」
ほんとうは、そんなに眠っていたくはないんですが
わたしが眠っていても誰も困らないので、目がすっかり覚めるまでは起きないって決めてもいます。
「それでいいと思いますよ」

1月の次の通院日までエビリファイは2分の1でがんばることを宣言して、年の瀬の挨拶をして診察室を出てきました。
処方薬局でも「顔色がいいですねぇ」と言われ「そう、リウマチのみなさん、今年は楽だ楽だとおっしゃってますよ」と同じような話を繰り返し、繰り返すに悪い話じゃないので、笑って、ここでもご挨拶。
空が晴れているうちに、帰ってきました。

ボーダーのセーターは去年のZARAです。
ネイビーのジャンパースカートは1991年のもの。
ジャンパースカートだけど、上からセーター。
ブーツは20代のときのもの。
物持ち、よーし!です。
(*´艸`)クス

P1060857

黒の別珍の丸襟のついたネイビージャケットも1991年のもの。
肩が分厚く張っていた(バブリーな時代です)ので、型くずれするかもしれないけど着ないで持ってるよりは、とお直ししました。
上手に直してもらって、着ることができるようになりました。
このジャンパースカートとジャケットが大好きで
ずいぶん愛用したのだけど、まだまだ大丈夫。
久しぶりに着て、嬉しかったです。

P1060858


Banner_02街のあちこちで「良いお年を」という挨拶が聞こえていました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←正月飾りに蒲鉾に黒豆に数の子に…♪ 蒲鉾って、高価ですよね。地味なのに。


続きを読む »

2012年10月 5日 (金)

少しだけ浮揚

P1050599


やりすごして、やりすごして
ちょっとましになったと実感できる夕方でした。
いいお天気だったみたい、湿度がすごく低いです。
すぐに日が暮れだしてあたりが暗くなってきた。
そんなことに気が回るようになってきました。
午後、眠ったあと、冷たいものを口にしたくて
あずきバーをおいしいなと思って食べた。
とにかく、少し楽になった。


楽になったから、
明日のために
やすみます。





Banner_02歩くのも楽です~~~~




2012年10月 4日 (木)

気持ちは関係ない

引き続き、うつ状態に身動きがとれなくなっています。
正確には、家の中くらいは歩くことはできる。
トイレに行きたいときは、トイレへ。
のどが渇けば、キッチンへ。
おなかはすかないけど、手をのばせば食べられるものくらいは口にいれます。
パン、冷蔵庫にぶどうがあったのでそれとか。
あとはなんというか、首を動かすのもがんばらないとしんどいというような次第。
おっちゃんがとても困っています。
「少しだけでも元気出してやー」
…むりです。
「薬を増やすしかいまの状況を打破できへんって」
…飲みたくないです、全部やめたいくらいです。


そうなんです。
できないことくらい百も承知なのに、薬を飲むのもすごくいやで
あといったいどれくらい飲まないかんのかと
これまでどのくらい飲んできたのかと
それでこのありさまかと
うっかり考えて、もうそんなのがいや。
いやいやってくびをふっても、ごきごきと音がします。


木曜日はクリニックは休診日で、明日連絡して相談してみる、とおっちゃん。
「あと2週間もすれば、慣れて(日照が減ってることなどに)体調も落ちついてくると思うけど
先生もたぶんエビリファイ服用はじめましょうっていわはると思うで」
…そうだろうけどいやだな。


脳の神経細胞を結びつける神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンとドーパミン。
この量とはたらきが、減ったり悪くなったりしている。
特にストレスもかかっておらず、いやなこともなく、のんびりしてて、この症状。
わたしの気持ちは関係なく、こうなるのがまったくもって、病気だわ、とたびごとに思うのです。




Banner_02わたしがしゃべらないのがすごくいやそうないちじくぬぎです。



2012年10月 3日 (水)

そろそろ降下しはじめました

P1050003


1年を通して、春と秋のお彼岸をさかいに
あぼったりさがったりするのがわたしの体調の決まりのようになっています。
日照時間の長短が原因で、長くなればよく、短くなれば悪くなりがち、という
ちょうど境目のようなころがお彼岸ということなのです。


ここ数日、なんだかちょっと調子が悪いかな、と感じつつ過ごし
昨日は、朝から、はっきり口に出して、しんどいと言っていました。
「ベッドで横になっとりや」とおっちゃんも言い置いて仕事へ。
すわっていても苦しくなってきたので、ふとんにもぐりこみました。
運悪く、近所の小学校では運動会。
嵐の松潤の主演ドラマラッキーセブンの主題歌「ワイルドアットハート」にはじまり
アースウインドアンドファイヤーの「宇宙のファンタジー」
サウンドオブミュージックから数曲
ぺたっとしたアニメ声の女性が歌うたぶんアニメソング
細川たかしから演歌メドレー
そーらん節
AKB48の曲を吹奏楽でアレンジしたもの
などなどと、延々、子どもたちの歓声など打ち消すような大音量で古い拡声器からひびきます。
がまんしていましたが、体調がよくないときで、頭に刺さってたまりません。
お昼休みをはさんで、3時すぎにようやく表彰式用の音楽が流れ
最後はスポーツ行進曲みたいなので解散。
しばらくして、発散したあとのすっきりした空気がただよってはきましたが
わたしのからだは加速度的にだるく重たくなってゆきました。


たとえていえば、頭のてっぺんから足のさきまで、鋼鉄の包帯でぐるぐる巻きミイラにして
サイズの小さい兜をぎちっとかぶって、重苦しいふう。
頭の中の記憶エリアに勝手にスィッチがはいって、だらだらと過去のいいも悪いも関係なく記憶の映像が流れつづけてとまらない。
疲れて眠れば、夢を見る、昔見た夢をまた見ている。
日が暮れているのはわかるのだけど、エネルギーの使いすぎでからだはからからになっており
低血糖気味にもなっている。
どこかで気分をかえて、ここから抜け出さないと、立ち上がらないと、どうにかしないと
でも、手足もまぶたも、動かない。


不運なことにおっちゃんは携帯を紛失捜索あきらめ手続きちうで、連絡がとれない。
でも、早く帰ってくるって言ってたから。
午後8時すぎ、帰宅したおっちゃんにゆすられて、とりあえずの出口。
自分のからだじゃないみたいだけど、ごはんも少し食べて、ひといき。
少し熱も出ていたようで、アイスノンをしてもらい
それからは朝まで眠っておりました。


こういうの「うつ」の症状です、たぶん。
ああ、季節がやってきたんだ、と複雑です。
次の診察のときに、薬をどうするか話し合います。






Banner_02しょうがないとはいえ。。くすん。。



2010年1月12日 (火)

やっかいなうつ病です

Photo


コメント、どうもありがとうございます。
お返事がなかなか書けなくてごめんなさい、です。
わたし、年末年始インフルがすっかり治ったとき
からだも気持ちもスカッとして「ああ、元気になった~~」と爽快だったので
今年はけっこう動けるのかも、なんて自分に期待したりしていたのです。
抱負が決まらないなんて、贅沢言ってました。
ところが、ふとすると、からだはぢつは全然動かないとあらためて気づいたし
眠ってばかり、頭痛に微熱がとれず、呼吸が乱れ、そのうち
ろくでもなくネガティブなことばかりが浮かび上がってきて、
消そうにも繰り返し心に居座ってしつこいんです。
自分で自分の心を攻撃するような悪質な感じは
「うつっぽい」などという言葉で表現できる状態ぢゃない。


「春になったら、そやな3月になったら楽になるから
それまで冬眠しときや」とおっちゃん。
そうなんだけど、疲れて疲れて苦痛から逃れたくなるんだよぉ。
せめて本が読めたらいいんだけど、12月からぱったりページをめくる回数が減って
同じ本を手に取るだけなのよぉ。


ぐちぐち書いて、ごめんなさい。
あ、それでもキーボードは叩けるから
ミクシィのアプリ「みんなで暮らそう!ひつじ村」は楽しみにやっているし
リモコンのボタンは押せるから
テレビはなにかと見ています。
テキパキ動くのは指先だけだよぉ。


「寒波がやってきますから、気をつけてくださいね」とヘルパーさん。
ヘルパーさんがきてくれてる火曜日の10時から12時までは眠らず起きていること。
年初から心がけてることのひとつです。
抱負といえるのかしらん。
今のところちゃんと起きてます。
「無理はよくないですよ」とヘルパーさん。
今日も大根と手羽先をしょうがをたっぷり入れて中華風、しかも薄味に炊いてもらいました。




Banner_02
指先が元気なだけでじゅうぶん?((´д`))



2009年12月14日 (月)

師走のいちにち

Photo
窓の外に見知らぬ人がいてびっくりしました。
キッチンでカフェオレをつくっていて、ぎょーーっ。
我が家のマンションの隣のお宅が屋根のふき替え工事の最中なのでした。
そうかあ、師走で、思い切ってふき替えて、気分一新のお正月ってことなんだな
寒風ふきすさぶ、という感じじゃないのが作業中のお兄さんたちの顔でわかります。
体感が鈍くなっていて外気温がよくわからないけど
陽射しが弱いなりにやわらかく見えます。


わたしの状態は、底は打ったのではないかと思われます。
あまり油断はできないけれど、そんな気がする。
それにしてもふだんから無理しない、
これ以上どうやって休むの?と自分に問いたいような生活なのに
さらに休むしかなくなると、生活を送るのにいよいよ困るということに気がついて
われながら、しょーっく。
今はとにかく「○○をしなくちゃいけない」をうっちゃって
とろとろとろとろ眠っています。


数日前、たしかけっこうな量の雨が降りましたよね。
よ、よかった。
助かった、なのです。
いちじくぬぎのことは忘れないけれど
ベランダの鉢たちのことを完全に失念していました。
ラベンダーの鉢が乾いてしおれていた以外は、そこそこ湿っていて
ラベンダーも水をやったらしばらくで復活してくれました。
パンジー・ビオラはすでに一度咲き終えて、徒長しはじめているのがあります。


クリスマスツリーを飾っておいてよかった。
目線がいくと、そう思う。
食べごろの洋梨が届きました。
食欲が落ちているなか、おいしくいただくことができました。
それも、よかった。




Banner_02
よかった、と思えるのがなによりです。



2009年10月29日 (木)

ちびたうつ

あたたかいコメント、ほんとうにありがとうございます。
おかげで、ざっくり切った舌は、さすが口の中、目に見えてよくなっていて
食べるのも楽になってきました。
「とにかく、発作が起きひんような生活をするようにしよ」とおっちゃん。
うん。
いつもそうしてるつもりなんだけどね…。


息が詰まって胸が苦しく、すぐに横になってしまって
床にのめりこんでいきそうです。
集中力がまったく切れ切れで、テーブルに突っ伏してしまう。
ずぶずぶずぶずぶ。


精神症状が出たんです。
うつです。
ちびたうつ。
うわーん、つらいよぉぉぉぉ。


今日明日、長くても数日で去ってくれますように。
うわーん、旅行記が書きたいよぉぉぉぅっ。




Banner_02
ちゅんたろー、去るのをじぃーっと待ってまつ。うう。



2008年5月28日 (水)

おっちゃんがゆうには

Nad1q8yy ねえねえ、わたし、うつみたいだよ…。
「そうやんなあ。うつやなあ」
おっちゃんは新聞から目を離さずに返します。

なんでかなあ…
とわかってるけど聞いてみる。
「そりゃなあ、年初から家探したり、家の整理をしたり、引越しのあれやこれや、引越ししてきてからも片付けしたりいろいろ、ようがんばったで。いつかポッキリいく思てたけど、まだもってるわって不思議やってん」
新聞読み続けてますおっちゃん。

そうかなあ…わたし、もったほうなの?
「そやでー。ま、家の中見回してこんなところでひとだんらくだなて思たんちゃう?
力尽きたんやな、ぷつーんとな」
おっちゃん、カフェオレをずずずっとすすります。

うーん、5月病みたいに?
「そうそう、あはは、そうそう。しばらくゆっくりしといたらええねーん」
耳かきでほじほじしはじめたおっちゃんです。

ふん…しんどいよぉ。
「そやろなあ、へんなこと考えたりしたらあかんで。ちゃんと食べなあかんで」
ほじほじほじ。

読むつもりで積んである文庫本
キッチン小物でも作るつもりのハギレ
サンキャッチャー製作の道具などなど
家にこもりっきりでも何かしたいと用意してあるの。
それを見たおっちゃん
「いいねえ、きみはいいよねぇ。いい、いい。ふっふっふ」

うう…。
慣れってすごい。
茶飲み話にしかならん。
少しまともにとりあってくれてもよかやんね。
まあいいっちゃけど。

そんなおっちゃんのカバンにいちじくがじょじょーっと
やってくれました。
「ボク、なにかしたんやろか…」
わかんないけど、被害は少ないよ、ニオイもとれたし。
大丈夫。
「いちじく、平気な顔しとる」
憮然とするおっちゃん。

なぁにかしたかーとゆうよりもぉ〜っ♪
してないなにかも つみのうちぃーーっ♪
かもかもかも。
おっほっほ。



Zynqauqf コメントのお返事…
ごめんなさい。。



2008年5月26日 (月)

あなぽこに落ちた

突然、誰かに背中をぽんと押され
穴にどすんと落ちたように、抑うつ状態に入ってしまいました。
ここ数日のことです。
まったく何もできないわけじゃないから、そんなにはひどくない、はず。
洗濯をしただけでベッドに倒れこんで眠り込んでしまうのは
リビングに座っていられなくて、すぐに寝室に戻ってしまうのは
食欲が落ちて、バナナ一本でためいきがでるのは
新聞やテレビのニュースへの関心が遠ざかるのは
寝るけれど眠りは浅く
青黒い顔色で、微熱があります。

うつというのは
穴のあいたジョウロのようです。
花に水をやるにも、蛇口を全開にして飛沫をあげながら貯めて
大急ぎで撒いても、目的を果たせぬうちに水が漏れて尽きる。

幸い、わたしはすぐ気づき、休むから
そんなにひどくはならないです。
意気消沈、してないわけではないけれど
いちじくぬぎはベッドにいるわたしが好きで
交代ごうたい、おなかににじりのぼってきて、ごぉろごぉろ。
リビングに座っていると、とうとうくぬぎまで
「うわーんうわん。ベッドで寝てたほうがええんちゃう?うあーん」
とても熱心に誘ってくれます。
甘えん坊にかぎりなしです。



Zynqauqf けっこうしんどいですねん、まぢで〜〜〜〜
コメントのお返事、待っててください。


ちゅんちゅんの陶芸ブログはこちら

フォトアルバム
Powered by Six Apart