« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

痛い痛いの通院日

「見た目はとても元気そう」
これ、わたしのあまり張ることのない見栄でもあります。
家ではよろよろでも、人に会うときはちゃんとしていたい。
機嫌よくいたいんです。
人と会ってるときを楽しみたい。
相手が誰でもです。
お医者さんや看護師さん相手にそんな必要はないだろうと思われそうだけど、ちゃんとしていたい。
ちゃんと、というのは、明るく機嫌よく元気にスマートにクールに、できるだけ。

なのに、なのになのに
「痛いんですね」と言われてしまいました。
ああ…そうなんです、すみません。

まずはてんかんのクリニックへ行きました。
リウマチの調子が悪いこと、抗リウマチ剤に加えて、プレドニゾロン(ステロイド)とセレコックス(痛み止め)が処方されてしまい、生物学的製剤の注射の量が2倍になったことを報告。
わたしが抱えているいろんなことについて改めて聞かれました。
エビリファイよりジプレキサの方がよさそうなんだけど、と言われ、拒否。
ジプレキサの飲み心地の悪いことといったらないんです。
「ガバペン戻しましょうか、リリカでもいいけれど」
せっかく減量できたのにいやです、リリカもいやです。
「仕方がない。しばらく状況を見ましょうか」
すみません。
「いろんなことが降りかかってくるのは厄年のようなものなのかもしれませんよ。必ず抜けるとそう思って」
そうですねぇ。
「リウマチのひどいのも、しばらくの間だけ、ステロイドとかもしばらくしたら止められますから」
厄年、そうですね、何かといろんなことがある年ってありますよね。
ありがとうございます。

その足でリウマチのクリニックに行きました。
「痛そうですねぇ」
先生、先週いただいた薬がちっとも効かず、痛くてたまりません。
「腫れてますねぇ」
はい、痛いってひどく疲れますね。
「ちょっと待ってね」
主治医の先生に聞いてもらえました。
診察の予約はまだずっと先なのです。
「プレドニゾロン(ステロイド)は増やしたくないって言っておられるから、注射をして、もうしばらく様子を見てください。悪かったらまた診せにきて」
わかりました。
「痛そうですねぇ」と看護師さん。
「量が2倍になると痛いんだけど、我慢してくださーい」
と注射まで痛くなりました。くすん。

「リウマチ、調子が悪そうですね。処方が増えてます」とお薬手帳を確認した処方薬局の薬剤師さん。
セレコックス(消炎鎮痛剤)がまったく効かないんです。
プレドニロゾンも効果を感じません。
「ああ、そうなんです。セレコックスは、ロキソニンやボルタレンのような痛み止め効果はないんですよ。どちらかといえばじわじわ消炎効果を狙って、炎症を鎮めるために使われるんです。
だから、効かないと言ってやめてしまわれる方が多くて」
はい、もうやめようと思ってました。
「やめないで飲んでください。プレドニロゾンも少量の処方なので、急に効果を感じることはないと思いますが、長期にわたる可能性もあるので、その量をきっちり飲んで様子を見ていってくださいね」
そのお話、うかがってよかったです。
ちゃんと説明を聞かないとわからないですね。
「お大事に〜〜」

わたしががんばって見栄を張ったところで
病院や薬局では意味がないのかもしれないけど
でもでもでも
自分のために
5ミリでも
背を伸ばしていなくちゃね。
それにしても、痛いというのはとても疲れてしまうものですね。

P1000336



Banner_02痛みを止めないなら「痛み止めです」って言わなけりゃいいのに〜〜〜〜


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←右手だけでこんなありさまです〜〜〜

2016年5月29日 (日)

くぬぼんの相棒

P1000328

ちりんちりん
鈴がなる
赤い荒野をゆくよ
ちりんちりん
鈴がなく
ボクのこころの
ふるえもゆれも
赤い荒野に
おいてけぼりやん

くぬぎの大好きなぬいぐるみさんは
11年前にアメリカからやってきました。
カゴの中に片づけても片づけても、
引っ張り出されてあちこちに転がっているボロボロのこの子は
11年も「あ、またあの子」と呼ばれています。

11年もいてくれるなんて思ってなかったもん。
ありがと、ありがとう。

ヒョウ柄なのに白いたてがみがある。
しみじみ眺めているくぬぎの相棒です。

Banner_02特にわたしが留守の間に引っ張りだされています。(*´艸`)クス


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←妙に月日を感じています。くぬぎが11歳なんて〜〜〜

2016年5月28日 (土)

痛い痛い日記

みなさま。
右手首の痛みだけでへこたれているワタクシでございます。

関節リウマチ、恐るべし。
ここのところ、毎日そう思っては、
どうしようどうしたらいいんだろうと悩んでもおります。
てんかんを患って抱えての生活は、まあまあ慣れてもいるのです。
症状には困るけれど、付き合っていけていると思うのです。

リウマチの治療をはじめて、2年弱。
「まだ軽い軽い」と言われていたのがよぉくわかるこの頃の痛みと腫れ。
これと付き合っていかなくちゃいけないんだと突きつけられています。
これで終わるかもしれない。
ここが始まりにすぎないのかもしれない。
どっちかはわからないけど
薬がちっとも効いていないようなこの痛みと腫れ
痛い痛いと言っているだけではダメなんだろうと思うようになってきたのです。
てんかん、イヤダイヤダ、
発作も他症状も、つらいつらい、
とばかり言っていてもしょうがないのと同じです。

わたしの欠点は、
自分を責めること、なんでも自分のせいだと思ってしまうこと。
まずは、それをやらないことが大事。
元々、自力でできないことだらけで、誰かに頼まなければならないことが多かったところに、さらにできないことが増えてきそうです。
それも受け入れること。
陶芸作品を作るのも難しい状態だけれど、そのうちきっとできるから焦らないこと。
やれないことに対して、カラリとしていること。

長期にわたる病気と付き合っていくには
きっちり向き合うことはもちろん大事だけど
がっつり四つに組んでばかりでは疲弊してしまうので
手をつないで歩いていくことがいっそう大事なのです。


とんでもなく痛む愛するわたしの右手を眺めつつ
先行きの不安も抱えつつ
冷静に、自暴自棄の暗雲に飲み込まれないように
うまくやっていく道を探していきたいと思っています。

Banner_02消炎鎮痛剤を飲んでも痛いのなら、飲まなくてもいいよねー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←湿布はしている方がマシです!!でも、かぶれるの〜〜

2016年5月27日 (金)

つづく右手首の痛み

P1000301

梅雨のように蒸し蒸しとする昨日でした。
エアコンのフィルターの掃除を早くしなければとあせります。
雨もよく降りました。

注射量は二倍、ステロイドに痛み止めを服用しても
右手首の具合はいっこうによくなる気配がありません。
少々まいっています。
髪をひとつに結ぶだけがなかなかできない。
顔を洗うのも乳液をつけるのも
歯磨きもトイレもお箸を使うのもいちいち痛んで引っかかり
パソコンのマウス、キーボードを使ってもぢくぢくするのです。
だんだん何かをする気力がなくなってくるのがわかります。

昨日はどうも起きていられずいちにち寝ていたのだけど
ぢぐっと痛んでは目が覚める、を繰り返し
こういう眠り方はほんとうによくないし
なんにしてもからだに触ることだとほとほと困っています。

今日はしかたなく陶芸教室もお休みしました。
がんばって行けば、先生が粘土をもんでくれるし、左手を使って何かを作ることができる。
LちゃんやRちゃんと会えばおしゃべりもできてきっと楽しい。
それがわかっていても、今日はもう無理だなあと思いました。

こんな調子なので、自分で粘土を揉むこともできず
家で作れなくなってずいぶんになります。
何より精神衛生にとてもよくない。
でもそれもしかたがない。

ずっとこんなふうだとは思っていないけれど
この症状に強い驚きを覚えており
これでも軽いリウマチだというのだから
リウマチ恐るべし、です。

Banner_02蒸し暑さにくぬぎも伸びておりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←この姿を見ると、夏だ!って思いますねー。


2016年5月26日 (木)

「重版出来」と「世界で一番難しい恋」

今期のドラマもすでに終盤に入ってしまいました。
月9の「ラブソング」は福山雅治と若いさくらちゃんが親子に見えて、恋愛ドラマの主人公たちの恋がうまく成り立ってないのです。
福山演じる神代先生がちっともステキな男じゃないし、結婚後の福山の勝負ドラマなんだろうけど、いまいちです。

「私、結婚できないんじゃなくしないんです」は気に入っています。
コメディタッチの中谷美紀ちゃんと藤木直人、ふたりとも上手で、ついついくすすと笑ってしまう。
恋愛マスター料理人大成功男だけど妻子に逃げられた役の藤木直人は、変な人をやるととてもうまくておもしろくて好きです。

「99、9」松潤の弁護士ドラマ。
おもしろかったんだけど、うるさくて飽きてしまいました。
「グッドパートナー無敵の弁護士」の竹野内豊弁護士の方が好きみたいです。

「世界で一番難しい恋」は嵐の大野くんのはじめての恋愛コメディ。
見始めたときは、たるくて、大野くんは子どもっぽくてホテル王のできる経営者に見えないし、なんだかなあと思ったのです。
「あさが来た」でとても良かった波留ちゃんが、きりりと透明感のある存在感で綺麗なので、なんとなくそのまま見続けていたら、大野くんの不器用さと波留ちゃんの美しさが、意外にもマッチして、この恋はどうなっていくんだろうと興味を引き、いつの間にか大野くんがんばれ、という気持ちになって応援してるではありませんか。
ここに恋愛ドラマ成立、となりました。
しかも純愛っぽい。
なんにも考えずに見てるのに楽しいです。

ここで嵐の松潤🆚大野くんは、わたしの気分では大野くんの勝ち。
(*´艸`)クス

今期いちばんドラマは「重版出来(じゅうはんしゅったい)」です。
柔道一直線だったけれど怪我をして柔道をあきらめ、出版社に就職して漫画編集者になった黒木華がヒロイン。
「週刊バイブル」という漫画雑誌の編集室に働く癖のある編集者たちと漫画家たちの在り方つながり、仕事の仕方、挫折、成長といったことがありありと描かれていて秀逸なのです。

元柔道ガールだった黒木華ちゃんの熱いこと。
その勢いで、新人編集者の仕事に突進していくのが、とてもいいんです。
周囲が引こうと気にしない、我が道を行く、わからないことは学ぶ、漫画愛強し!
編集の上司のオダギリジョーがとてもステキ!!
今期のステキいちばんです。
個性的な漫画家に小日向文世、要潤、滝藤賢一、永山絢斗(みんな変でステキ)。
やめていったアシスタントにムロツヨシ。
社長が高田純次、編集長に松重豊、編集さんたちに、荒川良々、安田顕、坂口健太郎と曲者ぞろい。
漫画雑誌ってこうやってできてるのねぇ、というお仕事ドラマとしても興味深く
脚本がよく練られているし、楽しいったらありません。

黒木華ちゃん、いつもの少し暗い、おとなしいような役柄とは一転
元気はつらつ明るい体育会系仕事女子がぴったりはまって、うまい!
ファッションも柄もの色ものをかわいく着こなして
毎回楽しませてくれています。


Banner_02「とっとテレビ」を見そびれました。うう…


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←「とと姉ちゃん」に出てくる和文タイプライターを使ってみたい!!!!!!!

くぬぼん11歳

P1000255

「ボク、ものすご眠たいねん。起きてられへんねん。そやのに写真撮るん?」
そういう必死の状況でがんばるくぬぼんです。
(*´艸`)クス

5月24日、くぬぎが我が家にやってきて早11年となりました。
生後2か月くらいだったくぬぎは、一切おびえたりすることなく
誰も止めることのできない動きっぱなしのいたずらしっぱなしの子猫時代を送り
小さいけれど大きないちじくのあとを追い
いまは、ひとりっことなったくぬぼん。

いつまでも大きいけれど小さい猫のような気がしています。
でも猫の11歳は人間でいうと60歳。
わたしを追い越していきました。

いちじくがいなくなって
わたしをひとりじめできるのがとても嬉しそうでした。
そのことにもすっかり慣れたようです。
日がな寝ています。
起きたらわたしを探します。

わたしはやはり少しさみしい。

いま、くぬぎは隣でまったりまったりまどろんでいます。
とてもしあわせそうです。
右手首の痛みが出てからあまり抱き上げてあげられない。
それでもとてもしあわせそうです。

Banner_02もうちょっと動いた方がいいのでは、と気になっています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←呼んだら走ってくる。短い運動です。超かわいいです。(*´艸`)クス

2016年5月25日 (水)

5月の東寺弘法さん

P1000269

5月21日土曜日は晴れるのもいいかげんにしようよ…といったカンカン照り。
そう、カンカン照りといってもよいほど照りつける太陽に
砂利を踏む人たちの足元から上がる砂埃に煙る境内。
なかなか過酷なところへ踏み込んで参りました。

P1000274

おっちゃんとワタクシ、誘われて京都の東寺、弘法さんへお出かけです。
「着物が安いのよ、おもしろいのよー。一度見に行きません?」
行きます、見ます、見たいです。
着物初心者のワタクシ、道案内がほしゅうございます。
待ち合わせは、近鉄東寺の駅の改札だったのだけど
京都駅で、たまたますぐに出会って出会って
どんな深いご縁なんだろうかというすんなりした集合です。

P1000279

「まあ、あなた、着物?暑いのによく着物着てきたわねー」と笑われたワタクシ。
だって、京都に着物を見に行くんじゃないですか〜〜〜
「そうだけど、暑いじゃなあい」
はい、暑いです、着付けてるときから汗だくです。

だけど、着てしまえば風通しがいいので案外に暑くない。
草履は疲れない。
そんなにしんどくはないのです。

P1000282

弘法さんの出店はにぎわっておりました。
とにかく目が慣れないので、何もうまく選ぶことができなかったけど
ピンからきりまで
安いようでいて、そうでもなかったり
でも目が利けば掘り出せそうで楽しそうで
「大阪でも四天王寺さんでやってるでしょう?」
こんな感じなんでしょうか。
「そうそう」

P1000288

じゅうぶん堪能し、おっちゃんとおっちゃんのお友だちと合流して、市内のリサイクル着物店を案内してもらい、帯を買っちゃって、夏の羽織を買っちゃって、それから、ビール!
伊勢志摩からのお魚を料理してくれるお店で、新鮮な魚や海藻や手こね寿司などをいただきながら、男ふたり女ふたり、満腹味覚大満足。
それから寺町のバーにゆき、木屋町のバーにゆき
大人の午後を満喫してきました。


さて、5月は袷の季節と言われていますが、絶対無理な気候になっています。
30℃って真夏です。
単衣(6月)を通り越してもいいくらいの気温です。
わたしは、家で洗える汚れも気にしなくていいもんねの木綿にしました。
襦袢もザブザブ洗える麻です。
襦袢に縫いつけてある半襟は真夏仕様の絽。
昔のしきたりなんか、知らんってなもんです。
ふだんはそれでいいんだなあとも思ってるところです。

P1000263


Banner_02京都はお店がとても増えました。おしゃれなお店だらけです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←30年前との比較なので、あたりまえ〜〜〜(*´艸`)クス

2016年5月24日 (火)

ハルカスは警戒ちう

P1000257

痛い痛いとばかり書いていては
読む方もしんどいのに、と反省しているちゅんちゅんです。
どうも世界が痛いに満ちてしまっていけません。
昨日もクリニックの帰りにサマージャンボ宝くじを買おうと思っていたのに忘れてしまいました。

今のところ日本一高いビル、あべのハルカスは
伊勢のサミットのテロ対策に警戒が厳重になっています。
エレベーターの中にポスターがでかでかっと貼ってある。
クリニックでも27日に来る患者さんには
「ビルに入るときに、どこに行くのかを問われたり、持ち物チェックがあるかもしれません」とことわっていました。

ハルカス近鉄は、なんと26日27日は休業だとニュースでやっていました。
テロの標的になるかもしれないから、だそうです。

しかし
いつもとちょっと違う雰囲気の近鉄からの青いはがきが到来。
5月26、27日は「特別販売会」です
休業日を利用しての販売会となります
入場の際はこのはがきをご提示くださーいとのこと。

そうか、やはり丸々休んでしまうのはあまりにも売り上げに打撃。
お得意様は来てね、来てねー、お友だちを誘って来てねーということのようです。
(はがき1枚で3名おっけー)
でも、安いとは書いてないのです。
セールじゃないのよ…ただ来て欲しいだけ…
表向きは休業になっているので、はがきも地味です、青ですもん。

だから何っていうことなんですが
テロをよそのことだと思ってるんですね、わたし。
ここでは起こらないだろうという気持ちでいるから
大げさだなあなんて思ってしまう。
でも、どこで何が起こるかわからない世の中では
大げさなくらいでいいのかもしれない。

実に実に神経症的な世界で生きてるワタクシたち
備えることはもちろん大事だけれど
いいことがあるかもしれない、とおばちゃんたちが大挙して買い物に来ればいいのにな。
神経ぶっとく、おおらかに
不安に煽られてピリピリしたりしない
歩道橋の上では誰かが歌ってたらいいのにな。

Banner_02伊勢志摩からはかなりの距離の阿倍野なんですよー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←今日は真夏のように暑いです。

2016年5月23日 (月)

関節リウマチの悪化のようです

週明けの大阪は今年初の真夏日になるという予報です。
日本列島高気圧におおわれて
暑い5月ですね。

なので、リウマチの痛みに低気圧がどのくらい関係あるのか疑問に思わずにいられないワタクシ。
今日の早朝からの痛みは格別で
何度うめいて涙目になったことでしょう。
リウマチを診てもらっている主治医の先生が体調を悪くされ休んでおられたところから復帰され、ようやく今日、診察の予約が取れたのです。
うう…とうっかり右手を使うたびに激しく痛み、ほとほと困っておりました。
朝は特にひどく、髪を一つに結ぶだけでも難儀するのです。
せんせい〜〜せんせい診てください〜〜せんせい〜〜
そんな気分で出かけてきました。

久しぶりに会った先生、え?と驚きながら丁寧に触診してくださいました。
血液検査の数値は悪くない。
「炎症があっても数値に出ないタイプ…」
そんなのがあるんですか。
「あります」
わたしはすっかりよくなるもんだと思ってました。
3月にリマチルを半分になんてしなければよかった。
まさかこんな風に痛むようになるなんて、考えてなかったです。
「これでは家事もできないね…。痛いね…。あなたは肝臓、悪いんでしたよね。さて、どうしよう…」

抗リウマチ剤のリマチルは、変わりなく、朝晩100mgです。
痛み止めのセレコックスを朝晩
胃薬もムコスタを出します。
それから、ステロイドのプレドニゾロン
これも朝晩2、5mg、出しますからね。
それから、生物学的製剤エンブレルの注射の量を倍量にします。
よく様子を見て、また来てください。

生物学的製剤エンブレルの注射はとても高価なのです。
当たり前だけど、量が倍になれば、費用も倍になります。
その上、ステロイドかぁ。
どのくらいの期間の服用になるんだろう。
副作用、出るかなあ。
痛み止めも飲むとなると薬の量がほんとに多い。
抗てんかん剤のガバペンを100mg減らしたくらい焼け石に水です。

痛くて痛くてお財布もうまく使えない。
3月にリマチル減らさなければ、と後悔先にたたず。
後悔というのはしても仕方がないものだ。
そんなことわかっているからこそ、苦いです。

暑いし苦いし、
こんなときはアイスクリーム。
少しでも早い回復のために
のんきにゆきたいです。


Banner_02なんてことでしょう〜〜。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←キーボードを打つのもさわるんですよ〜〜〜くすん

2016年5月21日 (土)

GW東京*上野動物園クライマックス

P1000149
ビールでのどを潤して さてどうしようか。 目的のものは見ちゃったし 「ちょっとシロクマ見ていこう」 あ、そうだねー。

シロクマは天王寺動物園ののほうがかわいいです。
そりゃそうなの。
シロクマのちびたグマはかわいいったらありません。
母クマも一緒に動くからかわいく感じるし動きがおもしろい。
オトナシロクマ、アジアゾウのように行ったり来たり。
柵のむこうのオスのところに行きたいらしい。
いや、水のところに行きたいのかも。

P1000152

猿山のおサルさん…。
動物園の猿山にあまり関心がわかないワタクシ。

P1000150

なぜかしら…。

P1000154

動物園内の案内板を見ていたら
いるじゃないですか。
いるんだ。
いるんだーーっ!!
「なんやの?」
ハシビロコウ!!
「ようわからへんなぁ」
とにかく、ハシビロコウを見て帰ろう。
「うん、そないしょうかー」

園内モノレールに乗ろうとしたら、40分待ちでした。
あー、だめだめ、歩こうね。
三四郎池の横を歩いて、ハシビロコウに会いにいこう!
(*´艸`)クス

P1000156

ああ、ハシビロコウに出会えました。
うつくしぃ〜〜〜
くすす。
「これかいな」
そう、ハシビロコウ、なんだか哲学的でしょう?

P1000157

あっ!
ハシビロコウが動いた!!
ハシビロコウは動かないことで有名な鳥なのです。
動かない、ずーっと動かない。
それでエサになる魚などを安心させて、がぶっといただく。
ハシビロコウの賢い(?)生きる手段なのです。

P1000163

何羽(何人と言いたくなります)かいるハシビロコウのうち
この人がいちばん気に入ったワタクシです。

P1000165

「ほんま、おもろいなぁ」とおっちゃん。
「ボク、これ、知ってたわ」
そうなん?
「キミが見てる、ダーウィンが来たちゃうかな」
うんうん、出てた出てた。
(*´艸`)クス

P1000164

あっ!
動いたっ(右足っ)!
(*´艸`)クス
動物園のハシビロコウは、狩りの心配がいらないので、動いちゃうのだそうです。
動くとわたしだけじゃなく
「うごいたよハシビロコウがうごいたよ」とお子たちの大きな声が上がります。
「こどもも知ってんねんなぁ、正確に名前を言える子が多くてびっくりやわ」

P1000167

眺めてて
ちっともあきないワタクシです。

P1000168

あっ!
目を閉じたっ!
ぷすす。

P1000166

たっぷりハシビロコウを堪能して大満足です。
そろそろ帰らなくちゃと
動物園出口に向かうとちゅうで
プレーリードッグがいて超ラブリー!
ちょこまか動くプレーリードッグの写真はぶれにブレ。
使えるのはこれ一枚でございました。

P1000181

Banner_02GW1泊2日東京旅行、満喫いたしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ハシビロコウ、ラブ♡(*´艸`)クス

続きを読む »

ちゅんちゅんの陶芸ブログはこちら

フォトアルバム
Powered by Six Apart