2016年11月15日 (火)

ブログを引っ越します!!

「いちじく日記」にお越しのみなさま
いつもほんとうにありがとうございます。

このたび、イオブログがサービスを終了することになったという知らせを受け
「いちじく日記」も引っ越しをせねばならなくなりました。
2004年9月にはじめたブログです。
途中一度の引っ越しをし、今回は二度目です。


引っ越し先の「いちじく日記」です。←ここです!!

↑ ↑ ↑
上記のURLが引っ越し先のいちじく日記です。
お手間ですが、みなさまの「お気に入り」にチェックし直してくださいますよう
よろしくお願いいたします。

本格的冬に向けて気温が下がったり上がったりと不安定です。
ここ大阪でも日々桜の葉が紅く色づいています。
どうかみなさま体調にお気をつけくださいませ。

2016、11、15
「いちじく日記」ちゅんちゅん

2016年11月14日 (月)

わらびの歯

Img_0896

わらびも生後半年が近くなって、、、
あーー!!
そういえばそういえばそういえばー!!

わらびを捕まえて、口の中を見たならば
もうすっかり永久歯にはえかわっていました。
ああ残念。
しまったなぁ。

くぬぎの歯が乳歯から永久歯になったときは
床に小さいかわいい歯が落ちているのに気がついて
毎日床を注意して、何本も拾ったのです。
今回もそのつもりでいたのに、まったく気がつきませんでした。
ということは
わらびはきっとおいちいものを食べながら
自分の乳歯を飲み込んでしまったに違いないです。
(*´艸`)クス

ただいま
ブログの引越し作業中です。
ペンギンおぢさま(関西ドットこむ時代からのお友だちです)に
これがわからん、それもわからん、どうにかわかるように説明して〜〜と頼んで
なんとか引越し先にデータを読み込ませることができたのですが
わたしのうっかり余計な一つのクリックが
二重の読み込みをしてしまうことになり
大量の削除項目を作ってしまったのです。
今、一つずつ消してるところ、ああ。
今日中には終えたいです。

2016年11月12日 (土)

ちーちーうるる 

Img_0815

動くものとおいちいものにしか興味がなく
くぬ兄ちゃんの後ばかり追いかけていたわらびです。

それが生後6ヶ月が近づいてきたこの頃
少し雰囲気が変わってきました。
「ちゅんたろーのこともけっこう好きー、うるる」
昼寝から覚めて、パソコンの前に座ったら
うるるーうるるーうるるー
わたしの周りを喉を鳴らしながら、すりすりしながら
甘噛みしながら、うるるーうるるーと鳴きながら
ぐるぐるぐるぐる回っています。
かわいい。
かわいいです、わらび〜〜〜
(*´艸`)クス

「おいちいものちょうだい。ちーちー!!」と鳴いていたのが
ちーちーと鳴かなくなってきたのがさみしいです。
うるるぅぅぅうるるー
「おいちいもの、あるの?うるるーちょうだいあたちに、うるるー」
そう変わってきました。

キッチンに立つと、何かもらえるかもしれない、と思うようです。
さっき食べたばっかりでしょ?
「だって、おいちいものあるでしょ。うるるー」
こんな食いしん坊は、知らん。
いや、知らないことはありません、友だちのワンコがそうだもんね。
(*´艸`)クス

猫に良くないものがその辺りにないか
注意しなくちゃいけないな、と思うようになりました。
なんでも食べてしまいそうなわらびです。

Banner_02痩せてるんですよねぇ。どうしてかなー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←やむやむ命っこ、わらび、ちょっとシンクに置いて離れたすきに手羽元の骨を舐め上げてました。


Instagramインスタグラムはじめました♬


2016年11月11日 (金)

眠って眠って

Img_0894

早いうちから眠っている夜間に雨が降ったようです。
目覚めたら快晴。
少し暖かな日となりました。
青い空。
大阪の街中も紅葉が進んでいます。
赤を通り越した桜の葉がはらはらと落ちて
掃き掃除が大仕事です。

11時間も眠ったのに
4時間しか起きていられず
リウマチのクリニックにも行かず
午後はもうずっと眠っていました。
気温が下がると、からだにぐっと来るのはいつものこと。
少しエビリファイを増やそうと思います。

イオブログのお引越しが簡単にできないことがわかって
憂鬱至極でございます。
書き出したテキストファイルを分割するのに
文字コード、改行コードの指定保存、とか
もう意味がわかりません。

今日はもう考えるのをやめておいて
調子の良い日に出直しです。

遅くなってしまったけど
チューリップの球根は注文しました。
春の仕込みだけはしなくては、です。

Banner_02イオブログのみなさん、引越しかアーカイブ保存が必須ですよ〜〜〜〜!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←引越しについてもっと親切にサポートしてほしい〜〜〜〜とほほ。


Instagramインスタグラムはじめました♬


2016年11月10日 (木)

まさかの世界

Img_0877

「ルポー貧困大国アメリカ」堤未果を読んだのがもう何年前になるでしょうか。
その後、日本の格差が問題になるたびにこの本のことを思い出していました。
トランプが大統領に選ばれてしまうなんて。
アメリカの白人労働者層の鬱屈の大きさ。
ふだん、あれほどアメリカのニュースが流れていて接しているつもりなのに
トランプが選ばれてしまうほどに深い絶望があるのかと
それはいずれ日本が行く道なんじゃないかと
しばらくぶりに真面目に新聞を読んで
どうなって行くんだろう
大きなため息をついてしまうのです。

「まさか」って起こるんですよね。
ベルリンの壁だって、ずっと立ってるもんだと思ってた。
ソ連がバラバラになるなんて思ってなかった。

ヒラリーさんも嫌われたものです。
でも少しわかるような気がする。
演説を聞いてても、全然この人がリーダーになっていいことがあるような気がしない。
弱いものの気持ちがわかるような人に見えない。
頭はいいのかもしれないけど暖かみが感じられない。
何より自分のことばかり考えてるような感じがする。
笑顔がうそくさい。
好きになれないなあ。
女性が大統領になるという一点のみ、ヒラリー推し。
とても感覚的だけれど、印象って案外当たってたりするから。
サンダースさんの方が良かったもの。

新聞を広げて、読んでいたら
テーブルの下からくぬぎがお行儀よく出てきました。
あら?どうしたのくぬぼんぼん。

そうしたら、同じようにわらびも出てきました。
あらあら、わらびもちーんと座っちゃって。
(*´艸`)クス

昔はよかった。
昔に戻りたい。
強いアメリカが好きだった。
そう懐かしがる人たちの支持を得たらしいトランプ氏。
「にっぽんを取り戻す」とか言って成長経済を訴える安倍首相。
昔には戻れないんだってば〜〜〜〜
50歳になったら、30歳の時のようには走れないんです。

Img_0882



Banner_02「もしも」もないんだけど、サンダースさんだったらよかったのに〜〜〜


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←他山の石じゃないのだ〜〜〜


Instagramインスタグラムもやってます♬


2016年11月 9日 (水)

ドケルバン病の2度目の注射から3週間

Img_0792

わらびがわたしのお尻のところで喉を豪快に鳴らしています。
ごろごろごろごろ ごろごろごろごろ
さきほど、手の外科から帰宅して、椅子に座ったところです。

タイトル通り、右手首のドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)、2度目の局麻剤入りステロイドの注射から3週間たっての診察を受けてきました。
注射はよく効いて、右手をできるだけ使わないようにして、痛みはずいぶん引いたのです。
でも、炎症は少し残ってる感じ。

「で、どうしますか?」
と言いますと?
「手術です」
え?
いえ、わたしは、これからどうすれば炎症が引いて、治るのかそのことを聞きたいのです。
「指を使わないわけにはいかないでしょう?」
それはそうです。
「じゃあ、使うしかないんじゃ?」
いえ、7月に注射を受けた時も3週間後は良かったのですが、使わないようにしていたのに1ヶ月で再燃してしまったので。
「うん。使いすぎだけが原因じゃないんです。ホルモンの関係とかね」
ああ。
先生はわたしの親指を引っ張って、手首の患部を押してみて
「今度悪くなったら手術しかありません」

今、湿布をしてサポーターをはめて、できるだけ使わないようにしています。
それでもうしばらくやっていきます。
湿布だけ処方してください。
「じゃあ、次は一ヶ月後に予約取りましょうかね」


ううっ。
先生は手術しかないっしょ?と言いたげ
わたしは、ものすごく手術をしたくなくなりました。
ちょっとくらいこうするといいですよっていうアドバイスがあるだろう、専門家なんだから。
治そうとしてるのに、口を開けば手術手術って
腕はいいのかもしれないけど、会話術を覚えたらどう?
って言いたかったーーーーっ!
今現在、痛みは引いてきてるのです。
それに対して「手術は?」って、なんなのーーーーっ。
「それは良かったですね」くらい言えないの?
っとも言いたかったーーーーっ!!
ううっ。

わたしの右手首の炎症さん。
どうかこのままお引き取りください。
今後、右手のことを大切にしますから、どうかあの先生に
「もう来なくていいですよ」とつまんなさそうに言わせてやりましょう。

あんたに頼らんでも治してやるぅぅぅぅ。
ぷんぷんしながら冷たい風の中を歩きました。
晴れているのにポツポツと雨。
きつねの嫁入りです。

待合ロビーの大きなテレビ画面が
アメリカ大統領選の開票情報を流していました。


Banner_02患部は温める方がいいですよ、とか、ストレッチは有効です、とか、使ったなと思ったあとは十分休めることを心がけるべし、とかとか、手術!以外のことを言ってみそーーーっ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←と、わたしが怒ってるうちにわらびはくぅくぅ眠ってしまいました。(*´艸`)クス


Instagramインスタグラムはじめました♬


2016年11月 8日 (火)

立冬すぎて

Img_0843_1

冬の気配が濃厚です。
冷たい雨。
午後から4時間も眠ってしまいました。
目が覚めると薄暗く
ハルカスには雲がかかって灰色です。

去年のいまごろは
いちじくに毎日点滴をしてた。
いやがらずよくがんばってくれた。
いちじくがいないことには慣れたけど
わらびも大きくなったけど
いちじくを思わない日はないなあ。
そんなあれこれが巡ります。

思うたび、さみしい。
だけど、しあわせでもある。
やさしい出会いに感謝して
胸に住むいちじくと
いつもずっと一緒にいるのです。




Img_0845


Banner_02祈りたいことがあると、ねえいちじくと聞いてもらうのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←青い空がいいなあ。


Instagramインスタグラムはじめました♬

2016年11月 7日 (月)

晴れて嬉しい通院日

Img_0840

体調が悪くなく、晴れている。
今日は通院日、血液や尿検査、脳波の測定もあります。
寒くもなく出かけやすい朝でした。

検査を終えて、診察までかなり待ち時間がありました。
行き先は天王寺公園一択です。
少しでも空気の良いところに行きたい。
(*´艸`)クス

写真は、公園内にある天王寺美術館の北、茶臼山。
こんもり森になっています。
標高26メートルの天保山ほどじゃないけど低い山です。
ちなみに天保山は4、53メートル。
NHK大河ドラマ「真田丸」がいよいよ大阪冬の陣を迎えようとしています。
茶臼山は冬の陣は徳川方の本陣。
夏の陣の時は真田幸村方の陣で
幸村は茶臼山の北で無念の最期を遂げる。
激戦地だと思うとぞくっとします。

もう少し北に行くと聖徳太子が建てた四天王寺があるし
古い歴史を持つ街ですね、大阪は。

天王寺公園は以前はとても女一人でのんびりできるような公園じゃなかったんです。
ホームレスの人たちの寝床になっていたし、
あまり治安が良くなさそうな雰囲気が広がっていました。
でも、今ではその面影がないとは言わないけど
近鉄が天王寺公園を大阪市から借り上げ、すっかり更地にしてから芝生を敷き詰め、新しく木を植え、フットサルのコートやドッグラン、カフェなどを作って「てんしば」としてから、集う人が一変しました。

特に平日から賑わっているのは、ボーネルランドという子どもを遊ばせる施設。
そんなに広いわけじゃないし有料なのに、ずらりとベビーカーが停められています。
芝生の上もシートを敷いて、ママと子どもたちがお弁当を食べたりしています。
変わったもんだなあと思わずにはいられません。

診察の時、先生にそんな公園の様子も伝えました。
「へぇ、あそこがそんなことにねぇ」と先生もびっくり。
古い大阪の人はたいてい驚くと思います。

ここのところ頭が空っぽで軽くて楽だという話もしました。
テレビも新聞も避けてるところはあるけれど、とも。
「それはかまわないと思いますよ。悪くない状態だと捉えていいです」

9月10月とよく外に出て日に当たっていたのが良かったような気がしていること。
悲観的な気持ちがないこと。
無理矢理にではなく、まあいいかとできていること。
それでも睡眠時間が長くなりだしたので
エビリファイを三分の一包にした方が良さそうだと思っていること。
「そうですね。いいと思います、三分の一にして。あとはいつもどおりということでね」
はい、ありがとうございます。

処方薬局でも右手のことを気遣ってもらってありがたい。
レジの横にあった漢方薬の会社が作っているちょっと辛い生姜の飴を買って帰ります。

街も紅葉してきましたねぇ。

Img_0838



Banner_02次回は茶臼山に登ってみます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←すぐ日が暮れる〜〜〜〜


Instagramインスタグラムはじめました♬

2016年11月 6日 (日)

街にも森を

Img_0822

Img_0824

昨日は神戸の整骨院へ。
わたしは呼吸が浅いのだというのを毎回実感しています。
ともすると呼吸を止めたりして胸が閉じてきているのです。
胸やおなかに空気が入りにくい。
苦しいはずなのです。
胴体に安定感がなく、ふらふらするのを両手でバランスをとるという形が腕に負担をかけている。

なるほどなあ。
いつも何かしら受けたアドバイスを反芻しながら帰るのです。
ゆっくりと呼吸を整えようとすると、三ノ宮駅辺りの空気はおいしくありません。
足は生田神社の神殿の奥の生田の森へと向かいます。
全く広くはない敷地なのだけど、大きな木が茂っていて、ホッとするのです。

11月の土曜日とあり、七五三のお参りの家族連れで賑わう生田神社です。
晴れ着の子どもを連れたおかあさんが子どもに見えてしまう。
そういう年齢なのですものね、当たり前かあ。
くすす。

とても良い天気で、青い空が冴えており、歩いていると暑くなってきます。
こんな日は大阪湾の夕日が美しいのです。
明るいうちに帰らなくちゃ。
イスズベーカリーでパンを買いました。
チョコレートがたくさん折り込まれてるデニッシュとか
甘いパンが食べたくなったのも季節だなあと思うのです。

おなかをすかせたわらびが
「おいちいのちょうだい。ちーちーうるる〜〜」
はいはい。
うるるーうるるー
待ってる間、わたしの腕に長いしっぽを絡ませるなんて
かわいい!

「ブラタモリ」
タモリさんが大阪の上町台地を歩いているのを見て嬉しくなり
おなかいっぱい食べて眠たくなった幸せな夜です。

Img_0826


Banner_02甘いものがおいしすぎます。(*´艸`)クス


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←神戸はすぐ北が山だけど、大阪はほんとうに緑が少ないですねぇ。街の空気ってまずい〜〜〜


Instagramインスタグラムはじめました♬

2016年11月 4日 (金)

カラっとカラカラの頭の中

P1000898

家の中でもセーターを着ています。
一気にやってきた冬。
着るものもすっかり切り替えねばなりません。
ニットやコートやストールや
手袋やブーツやタイツ
お部屋の整理をしたいなあと思いつつ
やはりわたしの右手はあまりいい調子ではないのです。

注射のおかげで激痛などはなくなっています。
顔を洗ったり、着替えたり、身の回りのことに困ることはありません。
それでも、食器を洗うときなど、自由に使えるかといえばまだまだです。
7月から8月にかけても注意しながら使っていたつもりで、炎症がすぐ再燃したこともあり、より注意深くもなっています。
治るまで使わないくらいのつもりでいます。

夏頃まではずいぶん悩んでいました。
まずは右手が使えない不自由に
できなくなってしまったあれこれのこと
わたしの人生いつもそう、何かをやろうとすれば自分のからだに邪魔をされる。
何もなさずにこのまま生きるんだろうか
そんなことでいっぱいでした。

なのに、ここにきて、なんでだか頭がカラッとしてカラカラっと音がしそうなくらいスッキリ空っぽなのです。
いい意味で、です。
もういいさ、できるようになった時にできることを喜び楽しめばいいさ。
できなくっても、その時できることを楽しめばいいさ。
というように思っているようです。

9月10月と外によく出たからでしょうか。(ポケモンGOをしに)
知らず足りなくなる日照を自分で補ったのでしょうか。
タラタラと歩くことでからだが元気なのでしょうか。
いや、今日なんて4時間も昼寝しちゃったんだけど。

この頭の軽い感じはいっつも重たい頭を抱えてきた人生の中であまり経験がありません。
悪い傾向でなければありがたい。

ポケモンGOも図鑑がずいぶん埋まってきちゃったのです。
(たくさんの種類のポケモンを捕まえたってことです、127捕まえました、コンプリートにはまだ遠いけど(*´艸`)クス)
冷えてくるとそう外に出るわけにもいかなくなるでしょう。
苦手な冬に体調がどう変わるかわからない。
実際、リウマチの強張りが強くなりはじめています。
でも、きっと楽しめるはず。

頭カラカラが続けばいいなあ。

さあて、もうすっかり日が暮れてきました。
長い夜のはじまりです。

Banner_02ワンコの散歩をしてる人が羨ましかったりします。(たらたら歩きに見えるんです)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←でも、雨の日も風の日も、ですもんねー。大変ですよね。


Instagramインスタグラムはじめました♬

2016年11月 3日 (木)

黒猫わらびの夜


わらびと暮らすようになって
黒猫って、こんなに黒いんだ〜〜〜と知りました。
(*´艸`)クス

グレーのいちじく、トラ柄のくぬぎ
ともに暗め色の猫なのですが
わらびときたら、全体的に黒
鼻も黒、くちびるも黒、ヒゲも黒
しみじみ黒なんです。

まあるい目だけがとってもくっきり目立ちます。
というか、目しか見えないんです。
画面が暗いですが、
ちょっとご覧くださいまし。
わらび5ヶ月、大きくなりました。


Banner_02呼ぶとこっちを見てくれるようになりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←爪とぎする姿はちょっといちじくを思い出させます。


Instagramインスタグラムはじめました♬


2016年11月 2日 (水)

11月の冷たい空気

Img_0797

空気が冷え、鼻の奥をつーんとさすようになりました。
太陽が遠ざかっているので、光が雲を突き抜けてこなくなり
午後は空にすぐにオレンジの色を見つけることになります。
11月だなあと思います。
枯葉が地面を転がるようになってくる音ともあいまって
さみしさを感じる季節がやってきました。

ずっと元気だったのだけど
旅行の疲れも出たのでしょうか
今朝は一度起きたにもかかわらず
すぐベッドに戻って、それから午後4時過ぎまで眠り続けていました。
そういう日が増えてくる季節でもあります。
体調に気をつけなくちゃ、と思いながら熱いコーヒーをすすっています。

目が覚めたら、くぬぎとわらびが一緒にいてくれました。
起き上がると、わらびが転がるようについてきて
どーちて寝てたの起きなかったのねえねえどーちて
それよりおいちいのちょーだいちょうだーい ちーちー!
ゴロゴロ喉を鳴らしながら、走り回りながら、何か言いながら
すりすりしてくるのはとてもかわいいです。

ま、なによりおいちーのをあげなくちゃね。
今のところ好き嫌いが全くないらしいわらびです。

昨日、イオブログのサービスが来年3月末で終了するというメールが届きました。
なんですと〜〜〜
ブログのお引越しをしなければならなくなりました。
3月末ですっかり消えてしまうらしいのです。
「やっていけなくなった」らしい。
そんなことがあるなんて、考えてなかったです。
12年分のデータはかなり量が多く、どうやって移行しようか
問い合わせているところ。
この件については、またお知らせいたします。
みなさまを少々煩わせることになりそうです。
申しわけないです。
どうぞよろしくおねがいします。

Banner_02イオブログ利用のみなさーん、引越し必須ですよー!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←あザZッッッッッッッッッッmッッッッッッッッッッk、←これ、わらびが打ちました。(*´艸`)クス


Instagramインスタグラムはじめました♬


2016年11月 1日 (火)

瀬戸内国際芸術祭 犬島 豊島

P1000987

10月29日は晴れ。
島は風が強く、大きなオリーブの木が風に吹かれた形に育っています。
小豆島からは小さな水中翼船をチャーターして犬島に渡ります。
30分ほどで、精錬所跡が見えてきて到着です。
廃墟だったところを美術館にするなんて、思い切ったことをするなあ。
なにもない港に立つとそう考えずにはいられません。

P1000983

犬島精錬所美術館。
人数を区切っての入場です。
中がどんなふうだったかは、ひみつ。
どうか行ってみてくださいな。
空間をどう作ってどう使ってどう見せるか。
いろんな創造とイメージが、わたしの中に勢いよく流れ込んできて
目が何回も醒めるようでした。
アーティストってすごいな。
あちこちでそう感じられる芸術祭です。

Img_0769

不便な島だけれど、けっこう人が訪れています。
中国韓国だけじゃなく欧米の人たちも多かった。

P1000995

瀬戸内海は穏やかで小さな波が太陽を受けてきらきらさざめき光ります。
犬島精錬所美術館を堪能した後は、「家プロジェクト」を観て回ります。
自然と島の人たちが住む小道の中の家プロジェクト。
のんびりリラックスしながら歩きつつふと出会う現代アート。
来てよかったなあと何度も思いました。

P1000999

P1010025

犬島から豊島(てしま)に渡ります。
両島ともコンビニもありません。
なあんにもありません。
カフェなどあるにはあるけれど「ちょっと買い物」というわけにはいきません。

P1010035

豊島の横尾美術館です。
うん、横尾忠則らしい、(*´艸`)クス。
鏡にわたしが映っています。
雲が出て、風が強くて、少し冷えてきました。
さあ、最後は豊島美術館。

P1010038

右の白い宇宙船のようなのが豊島美術館。
左の小さな宇宙船はカフェとミュージーアムショップです。
美術館に入場する前に「音が響きますのでお静かに」と注意されたのに
つい声を出してしまって、スタッフさんに叱られてしまいました。

すっかりからだが冷えたので、カフェで豊島産レモンで作ったホットレモネードをオーダー。
爽やかで甘くて温かくて
レモネードがこんなにおいしいなんて。
疲れたからだにじんっと沁みました。

Img_0777

写真はカフェとミュージーアムショップの中です。
豊島から船で宇野港へ、在来線で岡山、新幹線で新大阪。
はじめての一泊お留守番のわらび。
くぬぎわらびとも元気で出迎えてくれました。

Banner_02帰って改めてパンフレットを見ると、観たのはほーんの一部です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ほんとは調べて観たいものを絞って出かけるべきなんでしょうね〜〜〜


Instagramインスタグラムはじめました♬

2016年10月31日 (月)

ハロウィーンオレンジ

P1000954

今日はハロウィーンです。
そうはいっても、パーティをするわけでも仮装して出かけるわけでも
お子たちにお菓子を配るわけでもないワタクシです。

異国のお祭りだったハロウィーン。
わたしがはじめてハロウィンに出会ったのは
2003年の10月の中頃にサンフランシスコに行ったときです。
お友だちの家に長らくお世話になりました。
連れて行ってもらったスーパーやショッピングモールはどこもハロウィンのグッズが売られていて、大きな鮮やかなオレンジ色のおばけかぼちゃが山のように積まれていました。
わたしがお店で魔女の帽子をかぶってみたのを撮った写真がどこかにしまわれているはずです。

住宅街を車で通り抜けると、家々はハロウィンのディスプレイで夜も美しいのです。
飾りつけしている家は、子どもたちが訪ねて行ったらお菓子をもらえるのです。
「 Trick or Treat?」(お菓子くれへんかったらいたずらしたるどー)
「Happy Halloween!!」((*´艸`)クスハロウィーンおめでとうー!)

日暮れが早い時期です。
明るいオレンジ色がとても暖かいですね。
わたしには、アメリカ旅行のとても素敵な思い出のひとつ。
毎年この時期になると、楽しかったあれこれを思い出すカギがハロウィンなのです。

今はマリーゴールドが目にも鮮やかに花開いています。
オレンジからイエローまで、濃い緑の葉を従えて
目に飛び込んできます。
ハロウィン色だなぁって思うようになりました。

ほっこり炊いたハロウィン色かぼちゃ、食べたーい!!
(*´艸`)クス

P1000937


Banner_02オレンジ色は好きだけど、身につけるとギョッとするほど似合わないんです。(*´艸`)クス


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←オレンジ色は、着る色じゃなくて食べる色〜〜(*´艸`)クス


Instagramインスタグラムはじめました♬

2016年10月30日 (日)

瀬戸内国際芸術祭 直島

P1000946

お天気が全国的に悪くて、雨が降るらしい。
旅行のときに雨が降ることってないから、珍しいね。
そう言いながら雨具を用意して出かけました。
瀬戸内海の小さな島々でアートを観る。
瀬戸内国際芸術祭です。

わたし、からだは弱いし体力がほんとにない。
だから陶芸を再開したとき、旅行をする、が優先順位から転がり落ちたのです。
あれもこれもはできないからしょうがない。
おっちゃんから「どこどこへ行かへん?」と誘われても、行かなーいと答えてたんです。
そこへ右手のドケルバンが長引いて陶芸お休みを余儀なくされました。
「なあ、直島行こうなー」とおっちゃんの提案に
そうだなあ、行こうかな、気分転換にもなるし!!

Img_0736
芸術は好きです、美しいものが大好き。
だけど、建築や現代アートのことはさっぱり詳しくありません。
ま、いいか。
瀬戸内海の島に渡るのも久しぶりで、それだけできっと気持ちがいいはずだから。
だけど、今回はなんにもまったく予備知識なしで現地に到着しました。
ほんとになーんにも調べたりしなかったんです。

新幹線で岡山、在来線で宇野。
宇野港からフェリーで直島。
港では草間弥生さんの有名なかぼちゃが出迎えてくれました。
到着した気分を否が応でも盛り上げてくれます。

おっちゃんがツアーを申し込んでくれたのです。
直島では、家プロジェクトというのを周り
それから地中美術館へ。
まずは、点在する家々をいろんな作品に仕上げている「家プロジェクト」
地図を見ながら、島の中を歩いて回ります。
雨は降りそうで降らない。

P1000932

ビルなんてありませんからね。
一軒家しかありません。
島内はゆったりした時間が流れていて
空気もおいしいです。

今回、何よりよかったなあと思ったのは
下調べをしなかったことです。
何も知らずに出会ったものに反応する自分が新鮮で新鮮でたまらなくおもしろかった。
家プロジェクトってなあに?
地中美術館って何が展示してあるの?
感動しなくても感激しなくても別にかまわなかった。
期待もしていなかった。

アートに予備知識はいらん、と思いました。
知りたかったら、後から調べたらいい。
もっと知りたかったら、もう一度観に行けばいい。

「これ、なんだろう」
うわーっ、そうなんだ!
全身の細胞が驚きと喜びで一気に活性化するような感じ。
瀬戸内のやさしい自然の中で何度もそれを味わって
子どもに戻ったような気持ちになりました。

雨は降ったけれど、わたしたちを避けてくれ
濡れずにすみました。
直島からフェリーで高松へ。
高松からフェリーで小豆島。
ホテルの到着したのはもう夜の7時を回っていました。
新鮮なお刺身を食べて、温泉に浸かって
どろのように眠りました。

Img_0753

Banner_02よけいな知識なし、先入観なし、そこで感じることだけ。シンプルでいいですね〜〜〜(*´艸`)クス


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←明日は二日目のことを書きます〜〜


Instagramインスタグラムはじめました♬

ちゅんちゅんの陶芸ブログはこちら

フォトアルバム
Powered by Six Apart